目次

  1. 「渋谷系」とは
  2. フリッパーズ・ギター(Flipper's Guitar)
  3. 代表曲

「渋谷系」とは

渋谷系とは、東京・渋谷(渋谷区宇田川町界隈)を発信地として、1990年代に流行した日本の音楽(J-POP)のムーブメントである。明確な定義が存在しないが、いわゆる「おしゃれ」「洋楽っぽい」といったものがキーワードとして挙げられる。音楽的には、ソウル、ネオアコ、ポップと多ジャンルなもので構成されている。代表的なアーティストとしては、Flipper's Guitar、Pizzicato Five、Original Loveなどがいる。尚、音楽に限らず、いわゆるアートやファッションなどにおいても「渋谷系」という言葉が使われ、広義の意味でファッショナブルなもの全体を指す場合もあった。

フリッパーズ・ギター(Flipper's Guitar)

Fg05

小山田圭吾と小沢健二を中心に結成されたバンド。1989年、1stアルバム『three cheers for our side〜海へ行くつもりじゃなかった』でデビュー。1991年、3rdアルバム『ヘッド博士の世界塔』をリリース後、突然解散。楽曲的には、いわゆるネオアコ、ギターポップなどが特徴である。彼等がデビューした当時は、日本の音楽界はバンドブームの影響下にあった。その流れとは真逆ともいえるアーティストであった彼等の登場は、邦楽界の歴史において一つの転換期であったと言える。よりファッショナブルなミュージシャンとして時代のアイコンとなり、のちに「渋谷系」と言われる一つのムーブメント発生のきっかけとなったのも彼等の影響による所が大きい。

代表曲

Flipper's Guitar「恋とマシンガン (Young, Alive, In Love)」

Flipper's Guitar「Groove Tube」

Flipper's Guitar「Camera! Camera! Camera!」

Flipper's Guitar「Love Train」