目次

  1. 夏フェスの代表格。ライジングサンロックフェスティバルとは?
  2. ライジングサンに参戦するなら
  3. 会場までのアクセス
  4. 参加アーティストはジャンルレスで様々なライブが楽しめる!

夏フェスの代表格。ライジングサンロックフェスティバルとは?

Rsr thumb 700xauto 14370

毎年夏に北海道小樽市の石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージで開催されている国内最大級の野外オールナイトロック・フェスティバルイベントの1つである。略称"RSR"、"RSRFES"。
北海道のイベントなのでタイトルの後ろに"YYYY in Ezo"(YYYYは開催年)が入る。名称には、土曜オールナイトで日曜の日の出(Rising Sun)を迎えるまでのイベントという意味も込めてある。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

D3d63c66

楽曲はロックだけではなく、いわゆるテクノ系やレイヴ系のパフォーマンスもあり基本的にジャンルレス。他の大型フェスと同じく数個のステージにて同時進行で演奏を行う。同じく邦楽メインの国内大型フェスティバルであるROCK IN JAPAN FESTIVALに比べるとJ-POP系のアーティストは少なめで、ロック的なジャンルに沿ったラインナップを志向しており、全体的なオーディエンスの年齢層もそちらより高い。会場にテントを張って2日間の興奮を味わえるが、毎年会場内のテントサイトのチケットは争奪戦が激しくなっている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Img 6170

北海道といえば、その広大な大地と海に囲まれた環境が育む美味な食材も魅力です。会場では毎年多くのフードショップが出店され、北海道ならではの食材を使ったさまざまなメニューを楽しむことができます。ライブで思う存分体を動かしたら、おいしい食事で身も心も満たされましょう。

出典: TIFFOO.COM

ライジングサンに参戦するなら

1e8c062459d0a6f53f6c444643b15d55

RSRはオールナイトイベント。テントを持ち込んで会場内に泊まることができる。ライブ会場にテントを張って、複数のステージを自由に移動できる。また、レジャーシートを敷いて野宿することもできたり、楽しみ方は人それぞれ。テントサイトは例年すぐに売り切れてしまうので、一般発売が始まったらすぐにチケットを買うことをお勧めする。

出典: ACCETORY.JP

2013y05m06d 210835648

・日焼け止めはしっかり
これも、しっかり塗らないと後悔します。塗って出かけるのはもちろん、持参しましょう。演奏に盛り上がって汗を大量にかくのでタオルで汗をふき取ってこまめに塗りましょう。

出典: WWW.CBSEVILLA.COM

 e3 83 9e e3 82 a6 e3 83 b3 e3 83 86 e3 83 b3 e3 83 91 e3 83 bc e3 82 ab e3 83 bc

マウンテンパーカーなどがあるとオールナイトのフェスには丁度いいです。
夜間は意外に寒いので半袖短パンよりもタイツを履いたりパーカーやシャツを
用意しておいたほうが間違いないです。

・帽子と長袖にリュックで行きましょう
帽子があるかないかだけで全然違います。日焼け予防にもなるので帽子は被っていきましょう。
もっと言えば襟付きの深めの帽子をお勧めします。これによって目の日焼け防止にもなると思います。

・虫よけスプレー
野外で、しかも夏なんで虫があつまる会場にはそうとう集まってます。
特に蚊が沢山いて、後日に体のあちこちかゆいなんてことがよくあるのでスプレーを持っていきましょう。

・休憩を取ろう
どのフェスでもそうですが、夏は特に何もしないでも汗をかいて体力を奪われていくので、休憩時間を決めて休むようにしましょう。

出典: WWW.CBSEVILLA.COM

会場までのアクセス

● JRをご利用の場合
JR新千歳空港駅 ▶ JR札幌駅・地下鉄南北線さっぽろ駅乗換 ▶ 地下鉄南北線麻生駅 ▶ シャトルバス ▶ 会場(所要時間:約1時間20分)
● 空港連絡バスをご利用の場合
新千歳空港連絡バス ▶ 地下鉄南北線麻生駅 ▶ シャトルバス ▶ 会場(所要時間:約1時間20分)

出典: RSR.WESS.CO.JP

Accessmap2015

JR札幌駅・地下鉄南北線さっぽろ駅乗換 ▶ 地下鉄南北線麻生駅 ▶ シャトルバス ▶ 会場(所要時間:約40分)

バス券
シャトルバスをご利用の方は必ずお買い求めください。
往復ご利用の場合は2枚必要となります。 片道 ¥600 詳しくはこちらをご覧ください。

出典: RSR.WESS.CO.JP

参加アーティストはジャンルレスで様々なライブが楽しめる!

8b29bda116f174d2393d25ae5e4fb8b1

とにかくいつでもライブが楽しめるのが最高なフェス。
北海道の広い平原で心置きなく音楽を楽しめます。