目次

  1. 「吉原炎上篇」基本データ
  2. 見どころ
  3. 豪華な声優陣
  4. 神楽の「覚醒」
  5. 仲間を思う気持ちが熱い!
  6. しぶかっこいい魅力の阿伏兎
  7. 吉原を束ねる「夜王鳳仙」と銀時との、かつてないほどに激しい闘い
  8. 血は繋がっていなくても、強く結ばれた「母子」の絆
  9. 鳳仙の笑顔
  10. まとめ

「吉原炎上篇」基本データ

32069621

漫画では第二百十-二百二十八訓に掲載され、コミックスでは第25-26巻に掲載されました。

アニメでは第139-146話と通常よりも長い全八話構成。DVDはシーズン其ノ参10-12巻に収録されています。

「最初は吉原を使って、ちょっとした人情話を作ろうとしてたんですが、長引いてきたんで起爆剤として神楽の兄ちゃん出したら、さらに3話くらい話が長引くという泥沼に陥った長編です。」(「銀魂くんの歩み」から)

「吉原炎上篇」について、作者空知先生がこのように仰っています。
銀魂の長編でも、特にボリュームがあり、また月詠や神威、阿伏兎といった、この後にもたびたび登場する人気キャラが初登場したエピソードでもあります。

M svo kyban510662 0 kaikinbiar t 699383

ある日自分の財布をすった少年・晴太を捕まえた銀時。財布の中はもともとほぼ「空」だったので、災難だったのはむしろ晴太の方でしたが、彼がスリ行為をしていた理由は、何と吉原のNo.1花魁である日輪(ひのわ)を「買う」ためだと聞いて、銀時だけでなく回りの一同、思わず目が点に。
そこでよくよく事情を聞けば、赤ん坊の頃捨てられた自分の本当の母親が日輪ではないか、それを確かめるために、とにかく彼女に会いたい、会って話がしたい、だから彼女を「買う」ためのお金が欲しくてついスリをしてしまった、というのです。

Yoshiwara 015

吉原一の花魁、日輪太夫。

20090512 1138173

事情を聞いた銀時たちは、お登勢のスナックで晴太を働かせることにします。
もともと素直で覚えの良い晴太は、一生懸命に働いて少しづつお金を貯め、日輪に会えるようにと吉原の店の男にそのお金を託します。
ところがあろうことか、その男は晴太のお金を自分の懐にしまいこみ、勝手に使い込みをしていたのです。
晴太のお金で団子を食べる男を、彼の後ろで話を聞いていた銀さんが木刀一振りでノックアウト!

20090110003947

その経緯を見ていた団子屋の売り娘から、「日輪はこの吉原最高位の太夫、 よほどの上客でなければ会えません 。諦めた方がよろしいかと。この吉原桃源郷は地上とは別の法で縛られた一個の国 。上の常識は通じません。ここのルールに従っていかなければ二度と上へ戻れなくなりますよ。」と言われた銀さん。

「悪ぃな 俺は上でも下でも テメェのルールで生きてんだ」と答えます。

かっこよすぎる。

Yoshiwara 055

一方、銀時とは別行動で晴太とともに吉原にやってきた新八と神楽は、回りから怪しまれないように、と花魁姿になっていました。

二人から店番の男が自分の渡した金を使い込んでいたことを聞いて落胆する晴太。
しかし新八と神楽は、もともと母親に会うのにお金など必要はない、依頼金はちゃんとお登勢からもらったから、堂々と日輪に会いに行こうと晴太を励まします。

20090110003846

そこに現れたのが、煙管を吹かし、頬と額に傷のある女、月詠(つくよ)。
彼女こそ吉原を護る自警団「百華」のリーダーにして、「死神太夫」と呼ばれ恐れられる人物でした。

Yoshiwara 058

彼女達は新八、神楽、晴太に向けて攻撃をしかけてきます。

さぁ、この後どうなる!?

見どころ

豪華な声優陣

20090122013120

初登場、神楽の兄、神威。
声は日野聡さん。

20090122013044

同じく初登場の阿伏兎。
声は大塚芳忠さん。

2naur7 220

登場するのは「吉原炎上篇」だけなので、ゲスト的な扱いになりますが、印象深いキャラのひとり、鳳仙。
声は銀河万丈さん。

3人とも、アニメのみならず、海外ドラマの吹き替えなどでもよく名前を目にする実力派の声優さんたちです。
どの方たちもそれぞれ主役級なのがすごい。

神楽の「覚醒」

20090302172711

同じ夜兎族である阿伏兎との闘いのさなか、眠っていた夜兎の本能が目覚める神楽。
常軌を逸したその顔つきは、トラウマになるほど衝撃的。

仲間を思う気持ちが熱い!

20090302172812

完全に抑制が利かなくなって暴走する神楽を必死に引き止めたのは、新八でした。
この時の新八の呼びかけが神楽を正気に引き戻す力になったのです。

新八〜〜!!かっこいいよ、新八!

しぶかっこいい魅力の阿伏兎

20090302172900

「共食いは嫌いなんだ」とか「おいおい、オジさん傷ついちまうわ。」などいちいち言う事がかっこいい阿伏兎。

オジサン萌え〜〜♡なファンが増えたと聞いています。