目次

  1. 危険な好奇心
  2. 双眼鏡
  3. 好奇心
  4. 好奇心はハムスターを
  5. おわりに

危険な好奇心

%e5%a5%bd%e5%a5%87%e5%bf%831

小学生の頃、学校の裏山の奥地に俺達は秘密基地を造っていた。
秘密基地っつっても結構本格的で、複数の板を釘で打ち付けて、雨風を防げる3畳ほどの広さの小屋。
放課後にそこでオヤツ食べたり、エロ本読んだり、まるで俺達だけの家のように使っていた。

出典: MATOME.NAVER.JP

秘密基地とか、懐かしいですね。
ぜんぜん秘密じゃないのに秘密基地とか言ったりして。

こういう話を読むと秘密基地ってすごい怖い場所だったんじゃないかと思います。
お化けや怪奇現象よりもこういう人のほうが怖いですね。

双眼鏡

%e5%a5%bd%e5%a5%87%e5%bf%832

おれにはちょっと変な趣味があった。

その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。

出典: OCCUGAKU.COM

なまじ見えているだけに恐怖が倍増しますよね。
いや、見えていたから恐怖の対象になってしまったのでしょうか?
迫りくるスピードが凄く逃げ出すことができないなんて最悪ですね。

どちらにしろ夜に双眼鏡なんて使うものではありませんね。

好奇心

%e5%a5%bd%e5%a5%87%e5%bf%833

その日のコースは、とある公園に行って一休み、それから普通に引き返してくるというものだった。
それでその公園に着いて休憩してたんだよね。だけど夜の9時だったから、
もう真っ暗だったんだよ。しかも公園には俺一人。

さすがに薄気味悪くて、もうそろそろ行こうかな、なんて考えてたんだ。

出典: HORRORCOLLECTION.OFFICIALBLOG.JP

そこかしこに恐怖の種が転がっていますね。
怖さの種類が少々違いますが・・・

触らぬ神に何とやらとは言いますが、そもそも触ってないのにこっちに気づいてくるのはやめて欲しいですね。

好奇心はハムスターを

厳密に言うと、夏休みの自由レポートにして出す予定だった。
都市伝説含め、怖い話の移り変わりや流行を追ったら面白いと思ったのだ。
だから、本、ネット、友人達から…と、あちこちから怪奇談を集めていた。

出典: MICHAYAA.SEESAA.NET

あれ?これ今わたくしきけんじゃないです?

おわりに

そうですね、なにごとも程々が一番といいます。
こういった物事はあまり深追いしないのが何事も無くすごせる秘訣なのでしょうか。
これからお盆も来ることですし。
皆様におきましては十分にご注意していただくに越したことはありません。

そういえば最近肩が重いような・・・