目次

  1. ハイハーイ、ではまず全高いきます。トップは、「天元突破グレンラガン」くん
  2. シャイな「ドマックス」くん
  3. 気を取り直して次「ゲッターエンペラー」くん
  4. 次、『トランスフォーマー マイクロン伝説』から、「ユニクロン」くん
  5. トリを飾ってもらいましょう、『勇者王ガオガイガー』の「 Zマスター」くん
  6. ちなみにドラえもん
  7. 強さ、大きさ、重さ、オレ様度・・。個性豊かなロボットたちは永遠のヒーローです。

ハイハーイ、ではまず全高いきます。トップは、「天元突破グレンラガン」くん

Yjimage

軽く自己紹介

名前:天元突破グレンラガン(てんげんとっぱグレンラガン)

全高:1500億光年

原作 GAINAX
監督 今石洋之

放送局 テレビ東京系列

放送期間 2007年4月1日 - 9月30日 話数 全27話

全身は螺旋力の塊であり、「銀河の三倍」「身長十万光年」等とも語られる天元突破グレンラガンが目の大きさであり、全長は観測可能な宇宙(約930億光年)を優に超えるサイズである。

こいつに併せて敵であるアンチスパイラルもグランゼボーマを同じサイズの「超グランゼボーマ」に巨大化させている。

もうわけがわからないよ

出典: DIC.PIXIV.NET

イイ事言ってるっぽいけど、

これって「オレ様」発言なんじゃ・・。

シャイな「ドマックス」くん

某回転寿司チェーン店と同じ名前のため、いくら探してもお寿司屋サイトに飛ばされる、超レアロボット。

自己紹介

名前:ドマックス

全長:200光年

・・以上です。

気を取り直して次「ゲッターエンペラー」くん

Yjimage

「エンペラー」ついてますからっ!

現代ゲッターロボと一緒にしないでほしい。
ずーっと先の未来で戦ってますんで。

早乙女研究所地下のゲッタードラゴンが真ゲッタードラゴンに進化した更に後、幾段かの進化を遂げたものである(真とエンペラーの間にゲッター聖ドラゴンが挟まれると思われる)。

火星で岩となった真ゲッターロボの記憶を持っているため、どこかで両機が融合したものと思われる。

最終的なエンペラー形態でのサイズは太陽系とほぼ同じ。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

自己紹介
名前:ゲッターエンペラー

全高:120億㎞(まだ進化してますからっ!)

オレ自慢:これ読んで!らしいです。引用

“なお、『ゲッターロボアンソロジー~進化の意志』に収録されている大井昌和による漫画では、エンペラーとラ=グースの直接対決が描かれ、どうも空間支配能力対策ができるようになったらしく、宇宙を内包してるようなとんでもなく進化したエンペラーが銀河系から生えてきて、成長したラ=グースを盛大にぶん殴って倒した。”

引用元:Wikiゲッターエンペラー

Yjimage

成長途中なんですね~。

まだまだ伸びシロありですか

次、『トランスフォーマー マイクロン伝説』から、「ユニクロン」くん

Yjimage

破壊神、カオスブリンガーって呼んでね!

大昔から存在する惑星型のトランスフォーマーであり、惑星を食料とする存在である。

大きさは全長9万km(惑星形態時)というとてつもない大きさ。

トランスフォーマーシリーズのラスボスの様な存在であり、作品や時代を超えてトランスフォーマー達を苦しめてきた。

しかし、ユニクロンはサイバトロン総司令官が代々受け継ぐ叡智の結晶体マトリクスを恐れる。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

自己紹介
名前:ユニクロン

全高:9万㎞

オレ自慢:うーん、自分じゃちょっと・・なので引用
“トランスフォーマー史上最凶の敵”

“ロボット生命体を創造した大天才プリマクロン/Primacronによって創造されたが、その後プリマクロンに反逆し勝手に行動するようになった”

トリを飾ってもらいましょう、『勇者王ガオガイガー』の「 Zマスター」くん

機界31原種が合体した31全ての能力を内と外に行使する『全ての始まりで、全てを無に帰する存在』。今までのゾンダーが機械的なデザインだったのに対して、こちらは生物的デザインなのが特徴。

 謎の超エネルギー「ザ・パワー」を吸収する最終作戦を慣行、その発生源たる木星から直に吸収、圧倒的な戦力でGGG宇宙艦隊列びに最強勇者ロボ軍団を一蹴、地球に無数のゾンダー胞子を放つ。

出典: DIC.PIXIV.NET

自己紹介
名前: Zマスター
全高:4万㎞

オレ自慢:えっと・・強いです。ラスボスなんで。
一度見たら忘れない顔でしょ?

こんな対決予想まで!
  ↓  ↓

ズバリ「Zマスター」VS予想