目次

  1. 桃太郎伝説
  2. ウィザードリィ
  3. 天地を喰らう
  4. MOTHER
  5. メタルマックス

桃太郎伝説

Frpg02%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

1987年10月26日に、ハドソンより発売。ドラクエ1のシステムの極めて近い、スタンダードなRPG。後の「桃太郎電鉄」の路線につながるシリーズでもある。監督はさくまあきら。イラストは土居孝幸。音楽はサザンオールスターズの関口和之。

Frpg07%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

JA.WIKIPEDIA.ORG

ウィザードリィ

Frpg01

1987年12月22日に、アスキーより発売(開発はゲームスタジオ)。ウルティマと並んで、コンピューターRPGの元祖と呼ばれる作品の一つ。キャラクターメイキングが魅力の一つ。プロデュースは「ゼビウス」などで知られる遠藤雅伸。モンスターデザイン、広告イラストは末弥純。音楽は羽田健太郎。

Frpg06%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

JA.WIKIPEDIA.ORG

天地を喰らう

Frpg03%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

1989年5月19日に、カプコンより発売。本宮ひろ志の同名の漫画のゲーム化。ヒットポイントが兵士の数など、三国志のストーリーを大胆にゲーム化している。一見キワモノっぽいが完成度は高い。

Frpg08%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

JA.WIKIPEDIA.ORG

MOTHER

Frpg04%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

1989年7月27日に、任天堂より発売。ゲームデザインはコピーライターの糸井重里。音楽はムーンライダーズの鈴木慶一。現代のアメリカを舞台としたRPG。糸井重里の様々なアイデアが、ハイセンスにまとまっている。

Frpg09%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

WWW.NINTENDO.CO.JP

JA.WIKIPEDIA.ORG

メタルマックス

Frpg05%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

1991年5月24日に、データイーストより発売。荒廃した近未来で、戦車に乗って冒険をするというRPG。自由度の高いシナリオが特徴だ。プロデューサーは桝田省治。モンスターデザイン、広告イラストは漫画家の山本貴嗣。音楽は門倉聡。

Frpg10%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc