目次

  1. ボボボーボ・ボーボボとは
  2. ボーボボ連載終了後
  3. 画風が変わりすぎ!
  4. ボーボボとの違い

ボボボーボ・ボーボボとは

Bo bobo 5

2001年から週刊少年ジャンプで連載が始まった澤井啓夫が描くギャグバトル漫画である。略称は「ボーボボ」。
アニメ化はもちろん、ゲーム化、ナムコからはカードゲームとして発売されるなど、当時は大人気でした。
『ボボボーボ・ボーボボ』自体は2005年に完結していますが、その翌年からは『新説ボボボーボ・ボーボボ』として約2年間、週刊少年ジャンプで連載していました。

ボーボボ連載終了後

Bo bobo 6

新説ボボボーボ・ボーボボが終了となった後、作者の澤井啓夫は今後の方向性を定めるためにも読み切り漫画『黒梟』を発表。
その半年後、週刊少年ジャンプにて『チャゲチャ』を連載開始します。

Bo bobo 2

漫画のジャンルは「よいこの低学年向けヤンキー漫画」というもの。
キャラクターの見た目にギャグ要素は全く感じられず、いまいちパッとしない気も・・・

ギャグの鬼才澤井啓夫復活!と大きな文字でプリントしてありますが、この『チャゲチャ』はジャンプ史上最短、前代未聞の8週刊で打ち切りという記録を作り上げてしまいます。2015年現在もこの最短連載記録は破られてません。
『チャゲチャ』が打ち切りとなったあと、6年間共にした週刊少年ジャンプからではなく、新たに最強ジャンプから『ふわり!どんぱっち』の連載を開始。

画風が変わりすぎ!

Bo bobo 18

前作の『ボボボーボ・ボーボボ』や『チャゲチャ』では劇画タッチ&こてこてのギャグ漫画であったのに対して、『ふわり!どんぱっち』は日常系ほのぼのギャグになっています。

Bo bobo 7

主人公はビュティ。ふわり町のふわり中学校に通う、ごく普通の女の子です。

Bo bobo 11

どんぱっちも見事に日常系になりました。

Bo bobo 10

へっぽこ丸は相変わらずビュティ大好きみたいです。私服だと雰囲気変わりますね~。

Bo bobo 9

破天荒もかなり変わってます。
前作ではどんぱっちを「おやぶん」と呼んで慕っていましたが、こっちの世界ではそういう関係じゃないみたい。

Bo bobo 12

ビュティの同級生として新しく登場する女の子も沢山います。
本当に絵の描き方がボーボボの作者と別人のようです。

Bo bobo 13
Bo bobo 15

ボーボボとの違い

11603906573 3af3a01371 n

ほのぼのとしたギャグ漫画ですので、突っ込みする時に目が飛び出したり、登場人物が血を流すなんてこともなく、本当に日常的でホームドラマのようです。
登場人物も『ボボボーボ・ボーボボ』で活躍したキャラが主要となっていて、へっぽこ丸や破天荒はもちろん、天の助、ハンペン、サービスマンなども出てきちゃいます。

Bo bobo 14

そしてあの男も帰ってきます。

Bo bobo 3