目次

  1. WHO'S マツコデラックス
  2. マツコデラックスの女装
  3. マツコデラックスの男装
  4. まとめ

WHO'S マツコデラックス

Maxresdefault

顔だけでコレ!

1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)である事を自覚しており、幼なじみの従兄弟に性的な魅力を感じた事をエピソードとして語っている。因みに漫才師シンデレラエキスプレスの松井成行はいとこの一人で、男性のいとこは自分一人なので自身の事かも知れないと語っている。高校時代はSMAPの木村拓哉と同級生だったが、お互いに面識はなかった。高校卒業後は美容師の資格を取得して働いていたが、「何か違う」と感じていた時にアクティビストな同性愛者の姿を見て奮起し]、『薔薇族』『SAMSON』『G-men』に並ぶゲイ雑誌『Badi 』の編集部に転職し、同誌の記者・編集者などを務めた。
二十代後半に一度編集部を離れ、出版業界とも距離を置いて実家で引き篭もり生活を送っていた。しかし編集者時代の記事を読んでいた小説家の中村うさぎから誘いを受けて対談集『人生張ってます』の対談相手に抜擢され、その個性的な風貌やトークスキルが注目を受けた最初の出来事となった[7]。また中村うさぎからは「あんたは書くべき人間」とその文才も高く評価され、コラムニストとして文筆活動も再開した[7]。こうした経緯を経て2000年頃から180×3のスリーサイズ・体重140kgの巨体に女装するというスタイルでの文筆・芸能活動を開始し、現在に至るまで用いている「マツコ・デラックス」の芸名でコラムニストとして幾つかの雑誌でコラムや人生相談の連載を持つ。新聞およびニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。2002年、ソニー・マガジンズ社から『アタシがマツコ・デラックス』を発表、以後も定期的にエッセイ集などを執筆している他、毒舌から比較される事の多いナンシー関とは生前に面識があり、「デブ」について対談している。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

マツコデラックスの女装

Matuko
285500

こんなん前から来たら逃げますよ。

Maxresdefault
Maxresdefault

メガネマツコ

どうですか?ここまでは女装しているときのマツコです。

マツコデラックスの男装

007580ac1e4f48e5a7dbece4741ccfd7 12150

小林亜星?

F5e5d0f764d5c91a80f254fd2834c13a 19071

それは無理や…

J8glx22ptgt69sq huerq 32
02de3eb8

昔は普通です。

まとめ

ある意味ファッションモンスターといっても過言ではないその存在。
現代が生んだファッションモンスターとしてこれからもマツコデラックスの存在感は増していく。