目次

  1. 青鬼
  2. ヒカキンもはまるゲームの魅力
  3. 映画化

青鬼

Maxresdefault

洋館に閉じ込められた主人公を操作し、各所に仕掛けられた謎や仕掛けを解きながら、洋館からの脱出を目指すゲームである。ゲームタイトルともなっている青鬼は様々な場所で突如現れ、主人公を執拗に追跡してくる。この青鬼に触れると直ちにゲームオーバーになってしまうため、迫り来る青鬼をうまくかわすか、または身を隠してやり過ごしつつ、謎解きをしなければならない。
nopropsによって製作され、複雑な謎解きと恐怖感を煽るBGMなどでニコニコ動画やYouTubeで実況プレイ動画が話題となり、動画再生が5000万を超える。2011年4月には、ニコニコ動画の動画実況者キリンとのコラボレーションによりFlashの携帯ゲームにもなっており[2]、青鬼側になって人間を捕まえるゲームも作成された[3]。また、ヨドバシカメラで無料配布された『ツクールシリーズ お試しディスク Vol.4』にも収録されている。
2013年2月27日には著:黒田研二、挿絵:鈴羅木かりんによる小説版が発売。それに先立ち、2月19日にPHP研究所からプロモーションビデオがYouTubeとニコニコ動画で公開された。
2014年7月5日には入山杏奈(AKB48)主演・小林大介監督で実写映画が公開された。
2014年10月25日発売の月刊少年エース12月号より「青鬼 元始編」として漫画版が連載されている。構成は黒田研二、漫画は鈴羅木かりんが小説版と同様のスタッフが参加している。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

脱出ホラーゲームみたいなやつです。詳しくは他の項をご参照ください。

ヒカキンもはまるゲームの魅力

どうゆうゲームかはヒカキンに教えてもらいましょう。

時間のない方はこちらのハイスピードバージョンをごらんください。

映画化

611zt1blqol. sy300

リアルでとても気持ち悪いです。

映画版は喋ったりするので、とても気持ち悪いキャラになっています。
しかしゲーム版は無言なので、それもちょっと気味が悪いです。
ただ個人的には板尾創路が出演していないのがとても残念です。