目次

  1. Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー)
  2. Die In Your Arms
  3. Love Yourself
  4. All That Matters
  5. I'll Show You
  6. Boyfriend

Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー)

Justin bieber 2015

本名: Justin Drew Beiber (ジャスティン・ドリュー・ビーバー)
職業:歌手、俳優、シンガーソングライター
誕生:1994年3月1日
出生地:カナダ オンタリオ州
YouTubeで自身の動画をアップロードしていた中、その才能を目にした後のマネージャー、スクーター・ブラウン氏に見出された。
彼の才能は今や欧米にとどまらず、欧州やアジアなど全世界を湧かせる。世界中で名を轟かせるトップ歌手の一人になった。
そして、アメリカで人気のヤングセレブ、セレーナ・ゴメスとの交際も、大きな話題となった。
お騒がせセレブとも呼ばれる反面、数多くの賞を受賞するなど、彼の実力はやはり偉大である。
ファンを大切にし、多くのチャリティーにも自ら参加するなど、真の心の暖かさに胸を撃たれるファン、通称Belieber(ビリーバー)も多い。
東日本大震災が起こった際にも、日本の子供にチャリティーイベントを開催し、更に復興資金を寄付してくれた。
常にパワフルであり、今後の進化や成長に目が離せない、才能のあるヤングセレブの一人である。

Die In Your Arms

相手の女性のことが好きすぎる、情熱的なラブソングです。
”もしも貴女の腕の中で死ねるなら、もうそれでもいい”
というような、かなり強い愛情表現ですね。
自分だけのものにしたいという強い独占欲が表現されています。
甘い歌なので、重く感じないのが不思議ですね。

Love Yourself

別れた彼女について歌っています。
”皆にまだ彼女の想ってると想われたくないから、歌を書きたくなかった”
と歌っています。
そして、”もう感情はないし、自分は次に進むから”、とも。
彼女への不満を優しい音調で述べていますが、どこか寂しさも感じられます。

All That Matters

スローでセクシーな曲です。
MVも観る価値ありですよ!

I'll Show You

お騒がせセレブと呼ばれる彼にも大きな苦悩はあるようです。
”人生は簡単ではないんだ、僕は鉄製ではないし
生身の人間であり、生きていることを忘れないでよ
貴方は僕を分かりきったように接するけど
今も今後も決してそんな事はないってことだけ僕には分かりきっている”
全てがパーフェクトな人生なんて、無いですよね。
大きな成功と苦悩は、紙一重なのでしょうか?

Boyfriend

"Boyfriend"はJBの歌の中でも知名度の高い曲だと思われます。
原曲はもう少しリズミカルなのですが、アコースティックバージョンも発表しています。
"君の欲しいものそのものになりたい
もし僕が君のBFなら、君を逃したりはしない
独りにもしないし、紳士的にもなるよ”
と歌っています。非常にスウィートですね。