世界情勢的アート辞典;仕方なく建てた学校?「ニュー・バウハウス」

Image250

またもやマニアックな単語(artscapeさんいつもお世話になってます。)「ニュー・バウハウス」についてまとめています。
しかし調べればそこには世界情勢が。”ニュー”と言う部分も実は意味深であることがこのまとめを通して分かります。

ニュー・バウハウスとは

1937年、L・モホリ=ナギがアメリカ・イリノイ州シカゴに創設した美術学校。

出典: artscape.jp

ドイツのデザイン教育機関バウハウスを辞したモホリ=ナジ・ラースローが、アメリカの「シカゴ芸術産業協会」(Association of Arts and Industries )からの招聘に応じて1937年渡米し[1]、シカゴに開設した学校「The New Bauhaus Chicago」のこと

出典: ja.wikipedia.org

拾われたと言う感じかもしれませんね。

そのL・モホリ=ナギとは?

モホリ=ナジ・ラースロー(Moholy-Nagy László 、[ˈmoholi ˌnɒɟ ˈlaːsloː] 、1895年[1]7月20日 - 1946年[1]11月24日)はユダヤ系ハンガリー人の写真家、画家、タイポグラファー

出典: ja.wikipedia.org

色々なことをしているのですね。

彼の作品

20131129 01

アジア系やヨーロッパ系でもない感じがします。

3 063

アート的感じがします。冷たさのあるスタイリッシュと言う印象で私にはそれが落ち着きます。

学校のあるアメリカ・イリノイ州

南部の田園地帯からシカゴへ、アフリカ系アメリカ人の大移住が起こり、その大きく重要な社会が形成されて、ジャズやブルースのような文化を創った。今日州内人口の74%は州の北東部隅、特にシカゴとその大都市圏に居住している

出典: ja.wikipedia.org

とにかく大規模で様々な文化の混じった州であるようです。

また、彼のやめたバウハウスとは?

バウハウス(ドイツ語: Bauhaus, バオハオスとも)は、1919年、ドイツ・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。学校として存在し得たのは、ナチスにより1933年に閉校されるまでのわずか14年間であるが、その活動は現代美術に大きな影響を与えた(モダニズム建築、20世紀美術の項を参照)。

出典: ja.wikipedia.org

偉大な学校であるようですがそこを辞めたのが勿体ない気がします。

しかし、辞めたのはどうやら次の事情もあるようです。

ラズロ・モホリ=ナジ (Laszlo Moholy-Nagy) 宛にシカゴ芸術産業協会 Association of Arts and Industries (AAI) から電報が届いたのは, 1937年6月6日のことであった。 これが,後にシカゴへバウハウスの思潮が導入される契機となるのだが, 当時,モホリ=ナジはナチス統治下のドイツをさって, イギリスで産業デザインの仕事にたずさわっており, この電報内容はパリで知らされた。

出典: www.cc.kyoto-su.ac.jp

占領下にあれば辞めるのも仕方ありません。しかしバウハウスを辞めて建てたのがニュー・バウハウスってて皮肉な気がします。

ニュー・バウハウスから知識を辿ってみれば、そこには多数の実績を遺した男の人生と世界情勢がありました。
アート系の学校を機関に呼ばれて作るのは確かに素敵な事ですが当時のその占領下を考えれば胸が痛い思いがします。

teruak_ark
teruak_ark
@teruak_ark

Contents