目次

  1. 朝堂院大覚とは?
  2. なぜフィクサーに?
  3. フィクサーとしての活動
  4. フィクサーなのに…
  5. まとめ

朝堂院大覚とは?

131713801863113311530 matuura

朝堂院 大覚(ちょうどういん だいかく)は日本の武道家・空手家。本名・松浦 良右(まつうら りょうすけ)。1940年(昭和15年)12月9日生。「朝堂院 大覚」という名は国家武道会議の総裁として用いている名乗り。
武士道精神に基づき、日本人が「 質実剛健、公明正大、清廉潔白 」であることを提唱している。「 弱者救済 」を掲げ、世界、ひいては宇宙の平和のために日々尽力している。
武道総本庁総裁。空手道本庁宗家家元会議総裁。武道団体の連合組織である日本連合総裁。インターネットTVの連合組織である日本ネットTV報道協会総裁。日本維新の会総裁。世界空手道連盟(WKA)総裁。東亜ビル管理組合顧問。「全アジア条約機構推進委員会」委員長。また、居合道警視流の宗家家元であり、剛柔流空手道九段である。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

とにかく肩書きがすごいですが、宇宙平和のために尽力しているそうです。

なぜフィクサーに?

大学卒業後、浪速冷凍機工業(のちに「ナミレイ」に社名変更)へ入社。父親が浪速冷凍機工業へ担保提供を補償していたことにより、取締役営業本部長のポストに就き、業績改善・会社再建に務める。その一環として社員を集結させ面前で、松浦が「血判の儀式」を行う。松浦自ら日本刀を自身の左の前腕に突き刺し右の手のひらの手形の血判を宣誓状に刻印するものであった。4年後には無借金経営に転換させた。昭和40年代に入り、遠洋マグロ漁船の急速冷凍の需要が訪れる。船の冷凍機器技術を持っていたのは浪速冷凍機工業ただ1社であり、技術の独占により世界の船の半分以上の冷凍設備を請け負った。松浦は300億円(今に置き換えれば1,000億円)もの個人資産を築き上げた。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Img 0

いくら金が儲かるといってもここまで…

フィクサーとしての活動

とりあえず列挙いたしますと、
1978年 アラファト議長来日に尽力
1978年 法曹政治連盟総裁に就任
1980年 非核諸国同盟会議を開催

まぁとにかく国際的です。

1982年3月、ナミレイ会長就任中、同業で大手・高砂熱学工業の株式を買い占め、筆頭株主の力を盾に同社社長等を脅して業界提携やナミレイの株式引き受けを強要したとして、当時ナミレイ社長だった実兄の松浦幸作ほか、ナミレイの他の役員等と共に強要罪で(相手方に電話をして怒鳴り上げたことを検事に同意したことによる)逮捕され執行猶予付き有罪判決を受ける[1] [2]。取調中逮捕前、検事より「株には興味が無いから元警察庁長官である後藤田正晴の贈収賄での検挙への協力を」と要請されたが拒否した。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

フィクサーなのに…

2014年6月20日、新宿のCD販売店で開催されたロックバンドグループのアルバム発売記念イベントに乗り込み妨害したとして、同年10月末に威力業務妨害容疑で逮捕された(朝堂院は容疑を否認)。しかし朝堂院本人は「CDショップ前の公道を朝堂院が通りかかった時、店内から女性の店員が、公道上を歩いていた朝堂院に向かって飛び出してきた。朝堂院は『危ないじゃないか!』と強く注意したところ、待っていたかのように警察官がやってきた。その時は女性店員と朝堂院の両者で警察の立ち会いのもと話し合いは済んでいたはずだが、4ヶ月経過してから、任意同行の段階も無く、いきなり威力業務妨害の容疑で逮捕された。そして、こぞってマスコミ報道は【「ぶっ殺すぞ」と音楽イベントを妨害 自称団体役員の73歳を逮捕】という見出しで一斉に報道した。勾留後は不起訴になったが、マスコミは全くと言っていい程、訂正の報道を行っていない。」と主張している。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

フィクサーなのに逮捕されます。その理由とは?

容赦なく喋ります。

表にも出ます。

そのため逮捕されてしまったのか?と思わされます。

まとめ

フィクサー、謎が多く甘美な印象ののこる言葉です。
朝堂院大覚さんは現在にのこる最後のファンタジーのような方です。

ちなみに
2012年頃より、インターネットで 「JRP television 」 として YouTube にて放送を開始している。戦後のアメリカによる植民地奴隷国家支配による日本国家非常事態を警告し、特に地上波TVによる国民の一億総白痴化、その原因である特定芸能プロダクションの指摘、金権腐敗だらけの社会構造・権力への糾弾、ユーラシア同盟の重要性などをYouTubeへ連日収録し、動画を投稿をしている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

テレビだけでなくインターネット内でもご活躍…
先生ほどになると色々な形で活躍するのは当然でしょう。

こういった形で、日本のことも危惧し今も活動する先生。
一度はあなたも見てみては?