目次

  1. パタポンとは
  2. キャラクター
  3. ゲーム性
  4. ストーリー
  5. まとめ

パタポンとは

51wbnzaazdl

一言で言えばリズムゲーです。リズムよく、指定されたボタンを四回押すことで、カミ様である自分(プレイヤー)の指示が、パタポンたちに届きます。
このパッケージにいる黒い物体が、パタポンです。それぞれが剣を取り槍を取り、戦っていくゲームです。
キャラクターは丸っこいかわいいものですが、ストーリーはかなり重いものと、なかなかブラック(黒いキャラだけに)だったりします。

キャラクター

Snap t0n0sama 201154111958

戦ってくれる兵士が、このパタポン。ヤリを持てばやりポン。弓を持てばゆみポン。馬に乗ればきば(騎馬)ポンです。
彼らは生物なので、当然死にます。リズムに乗れずにミスをしまくるとそれこそゴミのように死んでいきます。
なまじ可愛いぶんそうとうショックです。

Hatapon

旗を持つはたポン。まんまですね。
パタポンたちの総大将といったキャラクターで、彼が死ぬと問答無用で負けです。彼がやられないよう、前に配置した他のパタポンたちで守るのが基本となります。

20071221213414

メデン、というパタポン族の巫女です。時折彼女を守るミッションがあるのですが、その時に彼女がやられても負け。戦闘能力がないのでぶっちゃけ邪魔です。
それはともかく、正直なキャラクターで、割りとなんでもぶっちゃけます。そのあたりが好感よく、なんだかんだで良いキャラクターをしています。

ゲーム性

パタパタパタポンで進軍し、ポンポンパタポンで攻撃。何を言ってるかわからないと思いますが、とりあえずこの動画を見ていただければわかるかと。
移動も攻撃もすべて四拍子のリズムに乗らなければいけません。リズム感がないと死にます。パタポンたちが。世知辛いです。
特に1はタイミングの猶予がシビアで、数瞬遅れるとミスです。テレビ見ながら、音楽を聞きながら、なんて不可能です。運命は時に厳しい。
しかし、進めていくうちに慣れていくと、かなり楽しくススメられます。

ストーリー

パタポンたちは、絶滅の危機に瀕していました。しかし、神様の太鼓によって息を吹き返したパタポンたちは、見ると幸せになるという世界の果ての「それ」を見るために、神様の導きに寄って歩んでいきます。
しかし、そんな彼らの前に、ジゴトンという敵対種族が現れ……

と、思いっきり重たい設定です。可愛らしいキャラクターが、こういう重たい話を繰り広げる、そんなギャップが、このゲームの醍醐味なのです。

まとめ

51 juviop7l
Patapon3

続編が2、3と出ています。2はまさしく正統進化、パタポンの種類も増え、後半になると超物量で敵を攻め落とすのでかなりの爽快感が有ります。
一方、3は設定により、四匹のパタポンを強化し、進んでいくというストーリーになっているため、2の物量を期待すると少々物足りないものになってしまいました。
そのためか、シリーズは3で途絶えてしまっています。とても面白いゲームなのですが、残念です。
兎にも角にもリズムで勝負、パタポン。一度プレイしてみるといいでしょう。