目次

  1. 浅田次郎とは?
  2. 代表作
  3. 当然の映画化
  4. まとめ

浅田次郎とは?

Tky201009100340

浅田 次郎(あさだ じろう、1951年(昭和26年)12月13日 - 、本名非公開)は、日本の小説家。血液型はA型。日本ペンクラブ会長。
陸上自衛隊に入隊、除隊後はアパレル業界など様々な職につきながら投稿生活を続け、1991年、『とられてたまるか!』でデビュー。悪漢小説作品を経て、『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員』で直木賞を受賞。時代小説の他に『蒼穹の昴』、『中原の虹』などの清朝末期の歴史小説も含め、映画化、テレビ化された作品も多い。
2011年日本ペンクラブ会長。2013年現在、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞選考委員。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

ただのハゲたおじさんではないですよ。
文豪浅田次郎先生です。

代表作

3851 1

きんぴか
これは漫画verです。

とても面白い痛快な本ですので一度は読んでいただきたいです。

81f9vzsgcfl. sl1500

通称ヤクザホテルに泊まる話してすが非常に面白いです。
ちなみに全4巻というボリューム満点な本ですので、ご覚悟を。

Mig

とまぁ、数々の名作を持つ浅田次郎先生ですが、当然のように映画化も!

当然の映画化

とまぁ映画でも浅田次郎原作というのは実は多いんですよ。
一度ご覧になって欲しいです。
オススメはメトロに乗ってです。

まとめ

ヤクザ、歴史果てはルイ14世まで。
とても深い知識に裏打ちされた数々の作品はまるで、
本人自信を表すようです。
これからも多くの作品を生んでくれると信じてお元気で!