目次

  1. ○トロピコとは?
  2. ○政治の方針を全て自分で決める事が出来る!
  3. ○どんな方法で発展させるかはプレイヤー次第
  4. ○国民の幸せを目指すか、自分の幸せを目指すか……
  5. ○国民よりも自分の私欲を優先!
  6. ○ただし、気を付けないと革命が発生します!
  7. ○細部まで作られたグラフィック
  8. ○ゲーム内テキストも凝っている
  9. ○『トロピコ』の楽しさがさらに分かる記事まとめ
  10. 【関連まとめ】

○トロピコとは?

PopTop Softwareが制作したPC/Xbox360用の箱庭系政治シミュレーションゲームです。
プレイヤーは島国のプレジデンテ(大統領)となり、国家を発展させてカリブ海一の国を作り上げるのが目的です。

002

一般的なミニスケープ(箱庭ゲーム)の特徴に加え、独特の政治力学が発生する、政権シミュレータとしての要素が最大の魅力となっている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

○政治の方針を全て自分で決める事が出来る!

ただのシミュレーションゲームと違うところは、とにかく自由度が高い事。

『資本主義・社会主義・軍事独裁・etc...』といった選択肢から選ぶのではなく、

・農業・産業を育てて経済を発展させる(資本主義)
・給与を設定し、賃金格差を少なくする(社会主義)
・軍を強化して国民の不満をねじ伏せる(軍事独裁)

のように、自分がどう進めるかで政治体系が決まります。

あらかじめ設定されたものを選ぶのではなく、全てを自分で決めて政治体系を形作っていくので、まさに本物のプレジデンテになった気分で遊べます。

○どんな方法で発展させるかはプレイヤー次第

シミュレーションゲームとしてのプレイ幅も広く、観光資源を中心とした楽園の島から統制の効いた軍国主義の島まで、好きなようにプレイできる。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

7aa84ba2bafa16a2567b64e48da5547f

○農場や漁場を建てて食料を供給し、余った分は加工して他国に輸出。 金や鉄などの鉱物資源や石油、材木なども重要な資金源になります。

缶詰工場や製材所を建ててさらに産業を伸ばす。 お金が出来たら一戸建てやマンションなどの住居、レストランや映画館などの娯楽施設を建てて国民に幸せになってもらう。 自然豊かな島なら観光業に力を入れる……などなど。

国家を繁栄させる方法はプレイヤー次第です。
どんな方法で国を発展させるのか考えるのかが楽しい所です。

○国民の幸せを目指すか、自分の幸せを目指すか……

「選挙での票の不正が可能。対立候補を投獄、暗殺も可」「自分のスイス銀行口座に送金し私腹を肥やす」など、といった選択を可能とする。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

選挙の対立候補、プレジデンテに不満を持つ反乱分子を逮捕・投獄・暗殺する事も可能。
国家の収入を自分の隠し口座に入金させるなど、私腹を肥やすプレイも出来ます。
腐敗国家も1から作れるのが楽しいですw

○国民よりも自分の私欲を優先!

職場の給料や住居の家賃も自分で設定可能。
賃金を最低水準に、家賃は最高にし、とにかくお金を追い求める政治も出来ます。
無職で掘っ立て小屋に住まざるを得ない民草を尻目に、自分の私腹をとことん肥やす暴君プレイが最高に楽しいです。

もちろん国民の幸せを第一に考えたプレイも可能ですが、ゲームの中では自分の欲を曝け出すのも良いものです。

○ただし、気を付けないと革命が発生します!

あまりにも政治を怠るとクーデターが発生します。

国民の不満を無視し、酒色の限りを尽くすのも楽しいですが、政治を疎かにしすぎると革命やクーデターが起こってしまい、国主の座から引きずり降ろされてしまいます。

ただちに政治を見直すか、それとも軍を強化して革命軍を叩き潰すか……どう対処するかもプレイヤーの自由です。

○細部まで作られたグラフィック

 e3 83 88 e3 83 ad e3 83 94 e3 82 b35 20150504140958
D8b4a474e43e33bcb6430a078320cc79
401584

島の自然はもちろん、建物もかなり細かく作りこまれています。
見れるのは外見のみですが、360度すべての方向から眺められるので十分過ぎるくらいです。

住民も1人1人に意思があるかのようにリアル。 住民を選択すればその住民が考えている事も分かっちゃいます。
「お腹が減った」とレストランで食事をする住民や農場で農作業に励む住民など、眺めるだけでも面白いです。

○ゲーム内テキストも凝っている

ゲーム内のテキストは真面目一辺倒ではなく、とぼけたブラックジョークの味わいが含まれます。
ゲームを進めていると、定期的にラジオ局の人気DJが軽快なトークで島の状況やニュースを読み上げてくれます。
建物や布告の説明も凝っており、読み物としてレベルが高いものばかりです。