目次

  1. サロメって?
  2. あらすじ
  3. 登場人物
  4. 不気味で美しい挿絵
  5. 無料で読めるサイト

サロメって?

聖書によると古代パレスチナに実在した女性のこと。『時の王、ヘロデがその舞いを称賛した際に、褒美として〈預言者ヨハネの首〉を求めた』と言う衝撃的なエピソードがまことしやかに語り継がれている。
そしてオスカー・ワイルドの戯曲ではさらに、振り向かない相手を殺してでも手に入れようとする"恋に狂った乙女"成分を加味している。

あらすじ

ユダヤの王エロドは、自分の兄である前王を殺し妃を奪い今の座に就いた。妃の娘である王女サロメに魅せられて、いやらしい目を彼女に向ける。その視線に堪えられなくなったサロメは、宴の席をはずれて、預言者ヨカナーン(洗礼者ヨハネ)が閉じ込められている井戸に向かう。預言者は不吉な言葉を喚き散らして、妃から嫌がられている。預言者との接触は王により禁じられているのだが、サロメは色仕掛けで見張り番であるシリアの青年に禁を破らせて、預言者を見てしまう。そして彼に恋をするのだが、預言者のほうは彼女の忌まわしい生い立ちをなじるばかりである。そして事態は思わぬ方向へ向かう。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

登場人物

サロメ…魅惑的な美少女。月夜の下で出会った預言者・ヨカナーンに求愛するがあえなく拒絶される。失恋をこじらせた彼女は狂気に陥り、母にそそのかされるがままに彼の首を欲するようになる。

ヨカナーン…潔癖な預言者。サロメの両親(義父と実母)の不貞とサロメの存在そのものを否定する。

へロデ(エロド)…サロメの母の再婚相手。兄から略奪する形で現在の妻と結婚した。サロメに対して下心がある。

ヘロディア…サロメの母でヘロデの妻。サロメをそそのかして、自分を脅かそうとするヨカナーンを殺すことを企む。

不気味で美しい挿絵

Jokanaan

早世の画家・オーブリー・ビアズリーが挿絵を手掛けています。
左のイラストは対峙するヨカナーン(左)とサロメ(右)。

着飾りながらも腐敗の気配を漂わせるサロメと、
ぼろをまといながらも気高さを漂わせるヨカナーン。
衣装の部分部分を、現実の構成を無視して白く抜き描くコントラストは注目に値する。

出典: WWW.GEOCITIES.JP

無料で読めるサイト

下記サイトにて、森鴎外訳の台本が無料公開されています。

ARCANA.WOOK.JP