目次

  1. The Mirraz  『We are the fuck'n world』
  2. フジファブリック 『wedding song』
  3. dustbox 『hand in hand』
  4. ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』
  5. くるり 『ばらの花』
  6. GOING UNDER GROUND  『同じ月を見てた』

The Mirraz  『We are the fuck'n world』

曲名にFu○kという放送禁止用語は含みますし、
MVは略奪愛を醸し出してますが…
そんなに贅沢はしなくても、二人で一緒の時を楽しもうねって曲じゃないかなと思い
選びました。

フジファブリック 『wedding song』

純粋にお世話になった方の結婚式のためにかかれた楽曲です。
ストレートな分ちょっと小っ恥ずかしい感じはありますが、
お祝いの席だからOK。

自分たちでかけるっていうより、
余興等で友達の選曲とかだと嬉しくて泣けます。

dustbox 『hand in hand』

和訳に
”手をとって、一緒に歩き出そう”
とあります。

ここからがスタートです。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』

”痛みだけなら2等分さ そうさ僕らの色”

という歌詞の部分が
痛みを分かち合っていこうと捉えられるのではと思いました。

くるり 『ばらの花』

”安心な僕らは 旅に出ようぜ
思い切り泣いたり笑ったりしようぜ”

という歌詞が
これから一緒に歩んでいく二人を応援している感じがして
とてもいいと思います。

GOING UNDER GROUND  『同じ月を見てた』

MVに影響されてる感は否めませんが!!
とにかくこの曲は知ってる知らないにかかわらず、
全国の結婚式で使われててもおかしくないと思えるほどの
名曲結婚式ソングだと思うのです。