目次

  1. 西谷×東峰×天野月子 『ライオン』

西谷×東峰×天野月子 『ライオン』

507a88fa64194c1ba62687508e4740f5

ずばり、この歌にばっちりだと思ったのは、西谷君と東峰君のリベロとエースの絶対的な信頼関係なんじゃないかなと思いました。元々西谷君はエースである東峰君を尊敬し、信頼して『エースにボールを繋ぐ』と強い信念を持ってバレーに取り組んでいました。しかし、伊達工戦をきっかけに二人の間には深い溝が出来、西谷君は東峰君が戻るまで自分も戻らないと言いきります。
天野月子さんのライオンは、同棲していた二人が別れる情景を歌っています。女性が同棲していた部屋を片付け、荷物を仕舞う度に男性に対しての思い出が湧き上がり、同時に慢心していた自分を思い返すシーンもあるんです。それが、『鋭いその視線の裏に潜む 孤独な日々の営みを 私という絵具で塗りつぶせると思った』という部分なのですが、西谷君の心情そのものなんじゃないかな…と思いました。
西谷君は、勿論東峰君が誰よりも臆病で怖がりなのを知っているが故に、自分が支えて鼓舞し、そしてエースとしての自信をもって自分のボールを打って欲しいと願っていた筈です。
ですが、東峰君にその気持ちは届かず、結局二人は一度離れてしまいます。
状況こそ違うけれど、思う気持ちや歌詞はぴったり当てはまるので、ついつい泣いてしまうんですよね…!

Mokey3215 img465x325 1418924351fiqb8x21101

二人が無事復帰した後は快進撃が始まるのですが…東峰は時折離れていたブランクを見せる動きがある為に、西谷に突っ込みを何回も受けてへこみます。
でも、西谷は言う事間違ってないし、格好良いし…と気の弱い東峰は西谷に引っ張られる感じ。
正に西谷は姉さん女房状態…!(笑)

この二人のちょっとちぐはぐに見えて、実はピッタリな感じも素敵なので是非是非♡コマの端っこでの絡みにも注目してみて下さいね♪

皆さんから見れば、違う!という事も沢山あるでしょう。なので、もし良ければ自分なりのイメージソングを考えながら読んでみて下さい、二倍楽しめます♡

Securedownload

東峰君はやっぱり誰よりも西谷君の必要性を分かってる!

天野月子 『ライオン』