目次

  1. 今思えばつっこみどころ満載な「エースをねらえ」
  2. ゴージャスな巻き髪は時代のお約束です
  3. コミックスは全18巻、文庫版や愛蔵版でも発売されました
  4. 読者泣かせと言えば「王家の紋章」と「エロイカより愛をこめて」「ガラスの仮面」
  5. 山本鈴美香の未完の名作「7つの黄金郷」
  6. 30年以上たった今も、こんな根強いツイートがあるんです
  7. 山本鈴美香の、今

今思えばつっこみどころ満載な「エースをねらえ」

Yjimage

その筆頭はやはりこのかた「お蝶夫人」
なぜ「夫人」なのか、あの豪華な巻き髪は高校生としていかがなものか、など

ゴージャスな巻き髪は時代のお約束です

Image

ライバルとして圧倒的に優位なキャラは、金持ちで巻き髪で、お父さんがその業界の権威。

お蝶夫人とか、ガラスの仮面の姫川亜弓とか。

コミックスは全18巻、文庫版や愛蔵版でも発売されました

Yjimage

宗方仁亡き後、後半は桂コーチが登場してキッチリすっきり話しを終えた「エースをねらえ」。
作者の作品できちんと完結したのは、「エースをねらえ」が最後でした。

読者泣かせと言えば「王家の紋章」と「エロイカより愛をこめて」「ガラスの仮面」

140804 081705

連載30年とか平気で超えてますからね。
しかもこち亀みたいに毎週出ているわけじゃなくて2~3年とか間が空くし。

特にガラスの仮面は、同じ場面をもう何年も待たされてます。
同じ時代の先生方というのがこれまた・・。

山本鈴美香の未完の名作「7つの黄金郷」

Yjimage

山本鈴美香は、「エースをねらえ」以降3つの作品を送り出している。
「7つの黄金郷」「愛の黄金率」「白蘭青風」
いずれも、残念ながら未完となっている。

その中でも、「7つの黄金郷」はそれぞれのキャラに固定ファンが付くほどの人気で、
いまでも再開を待ち望むファンがいるほどです。

30年以上たった今も、こんな根強いツイートがあるんです

山本鈴美香の、今

「神山会」という新興宗教の巫女となった。
現在は執筆活動をしておらず、神山会の教祖となっている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

123624359226016200523

‥なるほど。人生いろいろですね。

皆さんの心の中にも未完の作品ありますか。
再開をお祈りしています