目次

  1. モキュメンタリーとは
  2. 各モキュメンタリー映画の紹介(画像→映画説明の順番です)

モキュメンタリーとは

モキュメンタリー(英: Mockumentary)は、映画やテレビ番組のジャンルの1つで、架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風表現手法である。 モキュメンタリーは「モック(wikt:mock)」と、「ドキュメンタリー」のかばん語であり、「モックメンタリー」「モック・ドキュメンタリー」ともいう。 また、「フェイクドキュメンタリー」と呼ばれる場合もある。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

モキュメンタリーの手法はいつから始まったのか分かっていない。その手法が表舞台で有名となったのは、1938年10月30日にハロウィン特別番組としてアメリカのラジオ局が制作した「宇宙戦争」となる。
ラジオ番組のフィクションとして制作されたラジオドラマであったのだが、モキュメンタリーとして仕上げたことによりこれを聴集していた人々はリアルな内容により、実際に火星人が地球へ来襲してきたと信じてしまった。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

映画の「宇宙戦争」は上のをモチーフにしていますが、内容的にモキュメンタリーではありません。

そのラジオドラマ宇宙戦争が聞けます。貴重な経験ですね

PALLADION.FANTASIA.TO

各モキュメンタリー映画の紹介(画像→映画説明の順番です)

Footeg thumbnail2

ブレア・ウィッチ・プロジェクト

ドキュメンタリータッチなので、一人称視点 (登場人物たちが録っている) が続きます。最近の作品では 『クローバーフィールド』 なんかがこの手法を取り入れてましたね。『クローバー~』 なんかは主観映像とはいえ、カメラの構図がバッチリだったり、あまり画面が揺れないという難点がありましたが、この作品は、やたらとオンボロカメラで録られてるんです。画面も揺れまくり、ピントも合ってなかったりして、それがなんともリアリスティックで怖さを際立たせます。

出典: BOUNCELIFE.BLOG119.FC2.COM

モキュメンタリーはリアル・ライブ感を楽しむものなんですね。

O04000267trol

トロール・ハンター

ノルウェーの田舎町で問題になっている熊の密猟事件を取材しにやってきた大学生3人組。彼らが怪しい男・ハンス(オットー・イェスパーセン)を尾行していたとき、何と伝説の生き物トロールが出現。ハンスは政府に雇われていたトロール・ハンターだったのだ。3人はハンスと一緒に行動し、トロールの衝撃的な生態をカメラに収める。

出典: AMEBLO.JP

一緒に探索している感じが伝わるかもしれません。

20131014205006

REC/レック2

前作のような感染者との格闘、ウィルス感染の恐怖よりも、悪魔憑きの恐怖が強調され、よりオカルト色が強い作品になっている。

出典: EIGA-KAISETU-HYOURON.SEESAA.NET

モキュメンタリーとは、エンターテインメント作品のジャンルの一つ。

出典: DIC.PIXIV.NET

と言う事なので、普通とちょっと違うエンターテイメント映画でもあると言う事になります。

映画自体が疑似体験な感じで鑑賞者をまるでその世界にいる気分にさせるものだと思いますが、「モキュメンタリー」はそれをさらに特化させたジャンルかもしれません。ちなみに今回は洋画ばかりを取り上げましたが、日本のバラエティ番組でもこのモキュメンタリーものがあったりします。