目次

  1. RTAとは
  2. オススメRTAオススメ動画
  3. まとめ

RTAとは

TASとは、Tool-Assist-Speedrunということで、PCなどで理論値を計測するものでしたが、RTAはReal-Time-Attackで、あくまでも実機、本当の人間の力のみで最速を目指すものです。
海外では単純にSpeedrunと呼ぶことも多いですが、なんにせよ人の手のみで行われることは同じ。個人と個人がゲームにおいての最速を目指す競技のようなものです。
しかし、中にはTASと匹敵したり、TASを超えたりといった本当に人間なのかと呼ばれる物も存在します。

オススメRTAオススメ動画

シンプルなRTA。とにかく素早く進めるだけ。その「だけ」に一体どれほどの努力が隠されているのか、計算、試行回数、運などもあるでしょう。その結果生まれた記録は、なんとツールを用いたTASの初期記録を抜いています。
所詮TASも操作自体は人間の手によるものなので、時代と共に技術向上で移り変わるものですが、それでもすごいですね。

こちらもシンプル。しかし、TASとRTAの違いが如実に現れるシーンが有ります。
TASならば仕様の裏を突いて、コンマ数秒を短縮できるのですが、人間ではほぼ不可能……と、そんなコンマ数秒を機械と争うという時点で、プレイヤーの腕前が伺えます。

アクションゲームだけでなく、当然RPGでもRTAは盛んです。
本来なら数十時間は楽しめるはずのゲームを、人間の手でぶっ壊すというのもまた一興なのかもしれません。
製作者もこんな遊ばれ方は想定していないはずなので、どういった心境なのでしょうか。

速いのはわかるが、実質何をやっているのかわからない、という人たちのために、細かな解説がついている親切な動画もいっぱいあります。
ただ、数フレームでなんやかんやという解説をさらっとしてしまうため、本当にこいつは同じ人間なのかと疑うこともしばしば。一体どれほどの時間をこのゲームに割いたのか……

あくまでも実機。エミュレータなど使っていません。それなのに、ある規定の動作でソフトのプログラムを擬似的に実行させ、エンディングを呼び出す、という動画。ついに人間もここまで来ました。ようはバグ利用みたいなものなのですが、ゲームスタートからエンディングまで、というルール上間違ってはいないのでこれも立派な記録です。
いやはや、人間ってすごい。

まとめ

というわけでオススメのRTAの動画でした。今回紹介したのはやや人間離れ(でも人間技)した物ばかりですが、動画を探っていると速いは速いがすごいわけではない、みたいな動画もいっぱいあります。
自分の好きな、または昔遊んだゲームのRTAを見てみるのが一番でしょう。
それでは、今回はこのへんで。ありがとうございました。