マクロスフロンティアの名曲を集めてみた

20120724 2312716

2008年に放送されたアニメ「マクロスフロンティア」バルキリーという戦闘機に乗って戦うパイロットの少年アルトと、彼を取り巻く二人の少女との三角関係が視聴者をヤキモキさせて話題になりました。歴代の「マクロス」シリーズに共通しているのが“歌”。本作も、アニメの枠を超えて数々の名曲が生まれました。たかがアニメソングと侮るなかれ!マクロスFの名曲を集めてみました。

射手座 午後九時Don't be late

ヒロインの1人、シェリル・ノームが歌うナンバーです。
歌っているのは歌手のmay'n。アップテンポの曲が戦闘シーンを
グッと盛り上げます。

星間飛行

もう1人のヒロイン、ランカ・リーが歌う星間飛行。
歌詞はかの有名な松本隆。
歌唱の中島愛は、マクロスFのオーディションを受け、
一万人の中から選ばれました。

ライオン

マクロスFの第2OPテーマ曲。ヒロイン二人が主人公の
アルトとの恋の駆け引きを歌った曲です。女性二人の
デュエット曲は珍しく、いまだにカラオケでランクインする
人気を誇っています。

トライアングラー

マクロスFの第1OPテーマ曲。OPでは坂本真綾が歌いましたが
本編ではmay'nと中島愛も歌唱を披露しました。

娘々スペシャルサービスメドレー

最終回の戦闘シーンに使われた歌姫二人のデュエットソング。
作中の名曲がほぼ全てメドレーで使われています。

ダイアモンド クレバス

シェリル・ノームが歌う切ないバラードソングです。
作中ではいくつかのVer.違いがあり、それぞれ曲に
合ったシーンで効果的に使われました。シェリルといえば
この曲!という人も多い名曲です。動画はライブVer.

蒼のエーテル

ランカ・リーの代表曲のひとつ。普通の人間にもなれず、
敵である宇宙生命体にも共感しきれず、中途半端で苦しい気持ちを
歌い上げたバラードです。

サヨナラノツバサ

「マクロスF劇場版」のラストで歌われたデュエットソング。
歌姫二人の歌の力が、主人公のアルトに力を与えました。

とんとん
とんとん
@tonton

Related Articles関連記事

『マクロスF』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

2008年に放送されたテレビアニメ作品。1982年に放映された「超時空要塞マクロス」から始まる「マクロスシリーズ」の6番目の作品となる。舞台は西暦2059年、超長距離移民船団「マクロス・フロンティア」に住む人類と、超時空生命体「バジュラ」との戦いの中で、パイロット候補生早乙女アルトと歌姫シェリル・ノーム、そして普通の女子高生ランカ・リーとの恋の三角関係を描いたスペース・ファンタジー。

Read Article

『マクロス7』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

1994年~1995年に放送されたテレビアニメ作品。1982年に放映された「超時空要塞マクロス」から始まるマクロスシリーズの4番目の作品となる。舞台は西暦2045年、第37次超長距離移民船団・マクロス7船団を襲った地球外生命体「プロトデビルン」に戦わず歌で立ち向かう、ロックバンドFire Bomberのボーカル、熱気バサラと新人メンバー、ミレーヌ・ジーナスを中心に描いたスペースバトルファンタジー。

Read Article

Contents