目次

  1. 荒川弘先生とは?
  2. 荒川弘先生が手掛けた作品
  3. 荒川弘先生 関連ツイート

荒川弘先生とは?

自画像はメガネをかけた牛で、実家が酪農を営んでいることと丑年生まれで牡牛座であることに由来する[6][4]。牛に関するオブジェや本も多く所有している[7]。

ペンネームや作風から男性と間違われやすいが女性である。高校時代は空手を習っており、黒帯を取得していて[8]、今でも10キログラムのダンベルを片手で持ち上げられる筋肉を維持している。

2007年に第一子の男児を出産したが、『鋼の錬金術師』連載中は妊娠中・出産後ともに一度も休載することがなかった。また、自身の子供について「15歳になったら自分の漫画を読ませて絶対面白いと言わせてやる…」「そうした将来の読者が出来たので戦いがいがある」と対談にて語っている[9]。しかしその一方で、子供の頃から牛の出産を目の当たりにしていたため、自身の出産に関しては「感動よりも出産手順の確認みたいになっていた」とも語っている[10]。その後2011年に第二子を、2014年には第三子[11]を出産した。

広大な土地(25ヘクタールの畑、本人曰く北海道では小~中規模[12])と大型農機による酪農と畑作(主にジャガイモ)を手がける農家に生まれ、農業高等学校卒業後7年間家業を手伝っていた。北海道の食料自給率の抜きん出た高さと、日本全体としての食糧自給率の低さを対比させた上で、都会人の食糧問題への認識の目に余る身勝手さと農家の実状を描きつつ「飢えたくなければ、銀座でベコ(牛)飼え[13]。ヒルズを耕せ。」と訴えるなど、漫画家となった現在も一貫した農民視点の人物である[14]。これは『鋼の錬金術師』連載内の4コマ漫画や雑談ページ内でも時折書かれていた。また、実家の大規模農業に従事する際の経緯で、大型特殊自動車の運転免許を取得している[15]。

カラー絵は手書きで、コンピュータを使った作画は「私はどうもアナログ人間のようで」と苦手にしている[16]。愛用の画材はリキテックス。

子供の頃に『人形劇 三国志』を見て以来の『三国志』好きであり[17]、デビュー以前は中国旅行へもよく出かけていた[18]。『三国志』では、好きな武将として甘寧を挙げている。また、上記「歴史パラダイス」の誌上では、「徐庶好きのちきんぢょーぢさん」としてしられていた[17]。内藤泰弘の漫画『トライガン』のファンであり、映画化の際には応援イラストを寄稿している[19]。好きな作家は山田章博。尊敬する漫画家は田河水泡。自身の漫画道の原点であるとしている[20]。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

荒川弘先生が手掛けた作品

441815a79d685fb961d4fb15e68b3ee71de00bc21427117056

鋼の錬金術師
・この作品は普通の世界とは違い、錬金術が存在している世界。
何かを得るためには同等の代価が必要。
錬金術におけるルールです。
それを破るのは「賢者の石」

ストーリー
兄エドワード・エルリックと弟アルフォンス・エルリック達は亡くなった母親を生き返らせようと錬金術の禁忌「人体錬成」を行う。
だが人体錬成は失敗してしまい、エドワード・エルリックは左脚を失い、アルフォンス・エルリックは身体を奪われた。
兄のエドワードは自分の右腕を代価にし、弟のアルフォンスの魂を鎧に定着させる。

この世界では、人間の手と変わらないほど使い心地が良い「機械鎧(オートメイル)」が存在します。
現代の技術では、これほど凄いオートメイルは無理だとは思いますが、いつか実現することは間違いないと思います。
根拠はないのですが、実は近い所まで来てるんです!

そんな凄いオートメイルをエドワードは左脚と右腕に装着する。

その後にエドワードは国家錬金術師になる。

37332e590f905ec7dcd17478df951c6d3d8b27c91373608880

銀の匙
主人公・八軒勇吾は受験に失敗し、あの誰かと競争し勝たなきゃいけないプレッシャーから逃げるために「エゾノー」に行く。
今まで学業ばっかりだった八軒は、エゾノーでの生活で今まで触れられなかった色んなことを経験する。

荒川弘先生 関連ツイート