目次

  1. OK Goが気になるよ!どんなバンド?
  2. とにかくMVがぶっ飛んでるOK Go伝説
  3. どんどん手が込んで大規模になっていくMV
  4. 2014年公開されたMVの舞台はなんと日本!

OK Goが気になるよ!どんなバンド?

2014 10 28 125454

オーケー・ゴー (英: OK Go) は、アメリカ合衆国のインディー・ロックバンド。1999年結成。シカゴ出身。


ダミアン・クーラッシュ (Damian Kulash) – ボーカル、ギター
ティム・ノードウィンド (Tim Nordwind) – ベース、ギター、ボーカル
ダン・コノップカ (Dan Konopka) – ドラム、パーカッション
アンディ・ロス (Andy Ross) – キーボード、ギター、ボーカル

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

とにかくMVがぶっ飛んでるOK Go伝説

OK Go 「A Million Ways」

2007年リリースされた彼らの2ndアルバム「Oh No」収録の「A Million Ways」のMV。フロントマンであるダミアンの姉が「マトリックス」をテーマにしたダンスの振り付けをし、バンドなのに一切演奏せず前編踊り続けるワンカットMVが話題を集めました。撮影地はダミアンの実家の裏庭。かかった費用は衣装代のみ。この超チープなMVが今後彼らの運命を大きく変えることとなりました。

OK Go - Here It Goes Again

もはやバンドである必要ないだろ!と突っ込みたくなる、ルームランナーを使用したコミカルかつ
アクロバティックなMV。曲はかっこいいです。

どんどん手が込んで大規模になっていくMV

OK Go - White Knuckles - Official Video

わんこ可愛い。

OK Go - Needing/Getting - Official Video

身体張りすぎだし危なすぎだしなんかもう・・・www

OK Go - This Too Shall Pass - Rube Goldberg Machine - Official Video

大人のピタゴラスイッチ(バンド編)。これもめっちゃ身体張ってます。最初血まみれかと思って焦ったら絵の具でした。笑

2014年公開されたMVの舞台はなんと日本!

OK Go - I Won't Let You Down - Official Video

「I Won't Let You Down」(2014)のミュージックビデオでは、ホンダの「UNI-CUB β(ユニカブ ベータ)」に乗り、多数の日本人チアと一緒に傘を使ったマスゲーム風のダンスを披露、マルチコプターを使った全編ワンカットの撮影で注目された。制作にはクリエイティブディレクターの原野守弘、関和亮、振付のair:man、Perfumeが参加し、千葉のロングウッドステーションで撮影された[2]

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

おそらくバンド至上最大規模のMVであるといっても過言ではない「I Won't Let You Down」のMV。ロケ地はなんと千葉県!人気テクノポップユニットPerfumeがスタッフ役で登場したりチアリーディングや空撮などさまざまな要素を盛り込んだ映像作品です。楽曲もMVのインパクトに喰われないファンキーポップな一曲となっています。

超大規模な映像で楽しませてくれるOK Go.
今後、彼らがどんなMVを公開してくれるのか、楽しみですね!

最後に一言「バンドだよね・・・?」