目次

  1. ロックマンゼロ
  2. ロックマン9・10
  3. ぎゃる☆がん
  4. 蒼き雷霆 ガンヴォルト
  5. Mighty No.9
  6. まとめ

ロックマンゼロ

20100530143652 original

やはり最初はこれ。インティ・クリエイツの名前を世間に轟かせた名作、ロックマンゼロ。
ロックマンの雰囲気を損なうことなく、しかしメインウェポンが剣という異色な作品を、見事に作り上げました。
この作品により、インティ・クリエイツは一気に知名度が向上。続編のロックマンゼクスシリーズを始め、様々なロックマン作品を手がけることになります。

ロックマン9・10

Rockman9 1
100309 182347 720x480i 032010

その実力を認められたインティ・クリエイツは、なんと本家ロックマンの製作に大抜擢。
FC風ソフトということでしたが、過去作の雰囲気や操作感を残しつつ、新しいロックマンを作り上げています。
過去作では使えなかったブルースや、SFC版からの落とし込みのフォルテを使用できるようにしたのも好評。

ぎゃる☆がん

Galgun360

一気に毛色が変わった作品。2Dアクションから3Dシューティングになりましたが、ゲーム性は上々。
告白してくる女子高生を撃ち抜くといういわゆるバカゲーですが、ゲーム自体はなかなかの良作。ロックマンばかりじゃないというインティ・クリエイツの実力が垣間見えます。

蒼き雷霆 ガンヴォルト

Maxresdefault

こちらも2Dアクション。いわゆるロックマン風のゲームですが、システムは結構違います。
内容も独特で、なにせジャンルがライトノベル2Dアクション。いろいろとカッコ恥ずかしい単語が続々と。雰囲気的には最近のより一昔前ぐらいのラノベ風です。
しかし、作り込まれたゲーム性は健在。やりこみ要素やダークな世界観など、好評化を得て続編も決定済み。DLオンリーですが、その分安いのもよし。

Mighty No.9

Mighty mainart0826 fix

ロックマン風のゲームを作るなら、と誘われたに違いない、生みの親、稲船敬二氏の大作、Mighty No.9の製作にも携わっています。こちらはキャラクターは3Dですが、内容は2Dアクション。稲船敬二氏のやりたいことをやっているようなゲームにおいては、やはりロックマンに精通した彼らが最適なのでしょう。

まとめ

というわけで、なんだかんだでロックマンやそれに近いものの話題しか出していないですが、とにかくこれらはインティ・クリエイツの中でも特に有名な作品群ですね。
その他、クレヨンしんちゃんの映画ゲーム化シリーズを作成していたりと、様々な分野でその実力を発揮しているのがインティ・クリエイツです。今後も、その発展に期待です。