目次

  1. ポール・デルヴォーの半生

ポール・デルヴォーの半生

C0058954 21255214

ポール・デルヴォーは父親は弁護士、母親は音楽家という
ベルギーの裕福な家庭に1897年に生まれました。

デルヴォーは32歳の時にアンヌ=マリー・ド・マルトラール
(愛称タム)という女性に出会い恋に落ちますが、母親に
反対されて別れてしまいます。そのショックで同じ顔をした
若い女性の裸婦像(タム)ばかりを描くようになったと
いわれています。40歳の時にシュザンヌ・ピュルナルと結婚
しますが、その後もタムの面影を追ってタムの肖像を描き
続けました。

※ウォーホール(右)と一緒の写真

508c34c4

デルヴォーは建築も好きでした。特にイタリア旅行を
した際に古代ローマの建築群に魅せられました。作中には
古代ローマ風の建物が多く見られます。

30ec5f14 s

デルヴォーは鉄道も好きで、鉄道模型を自分で作っていたと
いいます。

Cb2e4640

35歳の時に骨格標本を見て感銘を受け、それ以降作品に
ガイコツを登場させるようになりました。

91311c93 s

デルヴォーの作品には科学者も頻繁に描かれます。
一説によると傾倒していたジュール・ヴェルヌの小説の
登場人物をモデルにしているとか。

B06203bf
6e69f87bc16783d82bec98ce8405bf2b

1947年、たまたま訪れた避暑地でデルヴォーは、かつての恋人
タムと偶然の再会を果たします。その時、デルヴォーは50歳。
18年ぶりの再会でした。二人はその後分通を重ね、
密会するようになりました。その後、デルヴォーは離婚し
55歳の時にタムと再婚しました。
二人は一緒に暮らしましたが1989年にタムが先立つと、
デルヴォーも後を追うようにして亡くなりました。

90a96e04 s

作品の中では、無表情で大きな目を見開き、
陰毛をあらわにした裸の女性たち、駅、電車、
骸骨、拡大鏡で何かを観察している学者などが
題材としてくり返し描かれ、背景には石畳の道や線路などが
透視図法を用いて描かれることが多く、古代ギリシャの
神殿のような建物の遺跡がよく用いられる。静寂さの中に
幻想的な世界が広がるその作風によって、「幻想画家」という
形容もなされる。1935年以後、運動には直接参加しないまま
シュルレアリスム展にしばしば出品。
長くブリュッセルに住んだが、1994年に没す。

8a8cd98058cfb112fed089390122c225

女性の顔はみな同じ人(タム)です。

1a36a2
2693cbcf
68e0bd9a
Dff06aa1
C14946ee
274b89d2
C41b78f7
6197c005
41my5h04jhl

ポール・デルヴォー 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕
大型本 – 2006/7/12