目次

  1. キモ美しい!? 水野しずさん
  2. シュールなイラスト、マンガたち
  3. 動画で見る、その衝撃
  4. ぶっ飛んだYUKI!? 後藤まりこさん
  5. 「ミドリ」時代の映像もアツい、ヤバい!
  6. 女優としての活躍も!
  7. ◆「処女性」だけじゃなくなってきた、アイドルの魅力

キモ美しい!? 水野しずさん

Sz sexy

「ミスiD」2015年グランプリ受賞。
圧倒的な存在感で「キモ美しい」というジャンルを確立しました。

水野しずをカテゴライズできるジャンルは今の日本に存在しないでしょう。アングラ感のある作品やパフォーマンスと理知的で美しい外見、泥水の入ったバケツをひっくり返したような喋り方。はっきり言って無茶苦茶なんですが、全ての表現はちゃんと相手に向けて放たれていて、独りよがりではない。
彼女は自分の特異性と世間とのズレをはっきりと認識していて、計算して娯楽を創っている。
そういった表現者としての魅力もありながら、ゴールデン街で日々キャッチーな衣装で働く謎のアイドル売りにより、すでに半ば偶像化していて多くの信奉者を生んでいる。アーティストでありアイドル。
そんな、既存の枠に捕われない存在としてはある意味完璧な水野しずですが、最終面接ではファンとの距離感においてなんだかとても混乱している様子で、不安定で未完成な部分が露呈していたのが、個人的にはとても良かったです。本当に人間が好きなんですね。
水野しず色があまりにも強すぎたため、単体でグランプリにすることに審査員一同びびった結果がこれです。ミスiDグランプリというカテゴリーすら不適切だと感じます。
社会の中に、ひとつ大きく水野しずというジャンルを打ち立ててもらえればと思います。

(ミスiDグランプリ受賞の際の、岸田メルによるコメント)

今回の出場者の中でというより、過去のミスID全体を通して唯一、随一と言ってもいいくらい「ホンモノ」感溢れる女の子。かなり理論的でもあり、感情的でもあるがすべて天才的バランスで「水野しず」として成り立っている。そしてそれが、奇跡的にビジュアルに反映されており、キモく且つ美しい。「キモかわいい」ではなく「キモ美しい」という新しいジャンルを発見した!

(同コンテスト、もふくちゃんによるコメント)

出典: WWW.TRANSIT-WEB.COM

Sz wfk

以下、ご本人Twitterからの抜粋。
自撮り、イラスト、動画などを精力的に投稿しています。

Sz knbn

ご本人いわく「コンビニでお菓子いっぱい買った」ことによりご満悦なショット。

Sz rock

「こういうクレイジーな表情ができるのはジョニー・ロットンか甲本ヒロトか水野しず」という言葉を受け、本人が作成した比較画像。

Sz poem

アイドルと言えばチェキ!
そのチェキに、びっしりと謎ポエムを書き連ねる水野しずさん。
どこか宗教感が漂い、オリエンタルな彼女の雰囲気をさらにヤバイものにさせます。

シュールなイラスト、マンガたち

Sz e

水野さんの魅力はその風貌だけでなく、おもむろに書き始めるシュールな絵や漫画にも表れています。

Sz e2
Sz ppp
Sz adk

どこかあどけない表情を見せる瞬間には、「やっぱりこの子、かわいい!」と思わざるを得ません。

Sz style

スタイルも抜群!

動画で見る、その衝撃

ミスiD2015にエントリーしたときの自己紹介動画です。
動画で見ると彼女の魅力が一層濃厚に映ります。

ぶっ飛んだYUKI!? 後藤まりこさん

Gtu0

続いてご紹介するのは、後藤まりこさん。

ロックバンド「ミドリ」の元ギターボーカル。
その雰囲気もあいまって「JUDY AND MARY」のYUKIとの比較をされることもあるが、YUKIのファンに怒られるレベルの破天荒。

ライブ中にはミニワンピースのまま観客にダイブ!
パンツの中に手をつっこまれようともかまわず歌い続けます。

スタッフから救出されたあとも、ドラムに飛び乗ったり瞳孔開いたまま奇声をあげたり、その振舞いはパフォーマーの真髄と言えるかもしれません。

Gtu live

アンプだろうとスピーカーだろうと客の頭の上だろうと、後藤さんにとっては舞台なのです。

「ミドリ」時代の映像もアツい、ヤバい!

後藤まりこさんがギターボーカルを努めていたロックバンド「ミドリ」。
セーラー服姿で暴れまわる後藤さんの姿が、胸を熱くします。

初期衝動溢れるパフォーマンスが人気を呼び、解散ライブでは沢山のファンが最後を惜しみました。

ミドリ「Swing」

ミュージックビデオでの、さっぱりとしたショートヘア・セーラー服・田舎道を全力ダッシュ! も必見。

女優としての活躍も!

Tbrdk

ドラマ「たべるダケ」では、初主演を務めています。