目次

  1. 三十三間堂はこんなところ
  2. 圧巻の仏像行列
  3. 肉体美にも注目
  4. こちらもある意味肉体美
  5. こんな友達が欲しい
  6. 行かないと損!

三十三間堂はこんなところ

正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と通称されます。これは、東面して、南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあるという建築的な特徴によります。「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しています。

出典: SANJUSANGENDO.JP

ようするに、スゴい仏像たちが顔を揃えて私達をお待ちしているってことですよ!

圧巻の仏像行列

%e8%a1%8c%e5%88%97

ずらー

%e8%a1%8c%e5%88%97%ef%bc%92

さらにずらー

%e8%a1%8c%e5%88%97%ef%bc%93

とにかく1つ1つのクオリティがハンパじゃないんです!
よく見ると顔などが若干違ったりして、自分好みの顔探しをしても楽しいですよ。

肉体美にも注目

ラ○ザップ的な素晴らしい肉体の仏像様もいらっしゃいます。
かっこよすぎます。

%e7%ad%8b%e8%82%89

憧れの肉体美です。
マッチョ好きな女子にも人気がでそうなスポットが三十三間堂にもありました。
ポーズまでセクシーでいい感じです。

こちらもある意味肉体美

%e3%82%ac%e3%83%aa

生きているみたいにリアルです。
ヨーロッパの彫刻もいいけど、日本の仏像は繊細な美が隠されているので大好きです。

にしても本当に中に人が入ってるようにしか見えません・・

こんな友達が欲しい

%e9%a2%a8%e9%9b%b7

やっぱり風神雷神にはしびれます。
こちらは勢いのある作品で今にも動き出しそうですごいです。

行かないと損!

個人的には東大寺よりも好きなスポットです。
夏休みの暑い時に行くと、お寺独特の涼しさに癒されますよ。

最近はマナーの悪い人が増えたのか、仏像に触る方がいるみたいです。
これだけクオリティが高いと触りたくなる気持ちもわかりますが、そこは我慢してください。