目次

  1. 「本能寺の変」 踊る授業シリーズ 【踊ってみたんすけれども】
  2. 「ペリー来航」 踊る授業シリーズ 【踊ってみたんすけれども】
  3. 「島原の乱」 踊る授業シリーズ 【踊ってみたんすけれども】
  4. ライザップ 「EGUZAP」 【踊ってみたんすけれども】
  5. ピスタチオ VS Daft Punk ダンサーEDIT 【踊ってみたんすけれども】
  6. 【踊ってみたんすけれども】エグスプロージョン 巌流島×進撃の巨人OP「紅蓮の弓矢」
  7. まとめ
Rapture 20150615091856

エグスプロージョン。聞き慣れない名前だなァと思われる方もまだ多いと思います。
英語のEXPLOSION(爆発)と、「エグい」をかけあわせてできたというこの「エグスプロージョン」は、吉本興業所属の2人組ユニット。

実は彼らはお笑い芸人としてではなく、もともとダンス番組で殿堂入りも果たす程の実力を持ったダンスユニット。
それが今、8.6秒バズーカの次にブレイクするリズムネタ芸人!と言われているのです。

メガネを掛けている方がまちゃあき。
本名:永田正明
生年月日:1981年10月9日(33歳)
出身地:山口県下関市
血液型:A型
趣味:スポーツ観戦、戦国時代
特技:数学



ばらよしお
髪色がよく変わる細身の高身長が特徴のおばらよしお。
本名:小原良夫
生年月日:1982年3月12日(33歳)
出身地:神奈川県
身長:181cm
血液型:A型
趣味:ゲーム

出典: FREEDOMNEWS.JP

ダンサーとしての経歴は二人ともかなり長く、2012年には「結成10周年ツアー」も成功させています。
スタジオで、一般の人向けにダンスレッスンをしたり、有名アーティスト、ミュージシャンへの振り付け・ダンスレッスンなども行い、時には役者としてステージに立ち、また、小中学校でのダンス講師としての仕事もこなすなど、大変活動の幅が広い人達です。

さて、説明はこれくらいにして、彼らの持ちネタを紹介します。
どのネタもめっちゃ笑えるものばかりですが、見る人によってくすぐられるツボは様々なので、どれが一番爆笑できるか、とにかく実際にご覧になって確かめてみてください。

「本能寺の変」 踊る授業シリーズ 【踊ってみたんすけれども】

「どうして〜ん、どうして〜ん」という合いの手が好き。

「ペリー来航」 踊る授業シリーズ 【踊ってみたんすけれども】

こういう歴史の授業ならすっと頭に入ってきそう!

「島原の乱」 踊る授業シリーズ 【踊ってみたんすけれども】

思いっきり大きな赤文字で入る「〜の乱〜」がおかしい。

ライザップ 「EGUZAP」 【踊ってみたんすけれども】

個人的にはものすごくツボ!大好きなんだけど、ナレーション「○○ザップ」のをそのまま使ってて、これ大丈夫?

ピスタチオ VS Daft Punk ダンサーEDIT 【踊ってみたんすけれども】

目のつけどころが凄すぎる。

【踊ってみたんすけれども】エグスプロージョン 巌流島×進撃の巨人OP「紅蓮の弓矢」

元ネタを知らなくても十分に笑えます。

まとめ

いやあ、笑った笑った。
ただネタをやるだけじゃなくて、ちゃんとダンスのテクニックが伴っているから、画面に締まりがありますね。
わたしの中ではもうすっかり大ブレイクしています。これからの活躍に期待!