目次

  1. 芸術で息抜きを
  2. とりあえずダ・ヴィンチ見とこう
  3. ダ・ヴィンチ作品はここに注目しよう!
  4. いつもとは違った目線で!

芸術で息抜きを

仕事をやっていると一週間のうちで2日しかない休みを有意義に使いたくなりますよね。
芸術に触れることは、普段あまり使われていない脳を使うのでリフレッシュにいいと聞いたことがあります。

休みの日に美術館に行き、心と脳をリフレッシュさせて仕事のストレスを忘れましょう。

とりあえずダ・ヴィンチ見とこう

%e3%83%80 %e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%81

東京富士美術館で開催されているレオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展。
モナリザとは雰囲気が違うので、ダ・ヴィンチっぽくないなーと思ったそこのあなた!!
この展覧会の楽しみ方を教えます!

ダ・ヴィンチ作品はここに注目しよう!

実はダ・ヴィンチがスゴいのは、その優れた「観察眼」とそれを書き起こす「再現性」なんです。
言うわけで今回実際に美術館に足をv運んだら「絵画」を見るのではなく、「素描」に注目してみてください!!

%e7%b4%a0%e6%8f%8f

格闘する男たちの習作

素描は色が入っていない分、ごまかしが効きません。
さらに人に見せるものではないため、ごりごりに力を入れて描いたものでもありません。
つまり、さらさらっと描いたものなので、「本当の実力」が分かるものでもあるのです。

%e8%a1%8c%e5%88%97

さらに「素描」は一見地味に見えるので行列ができにくく、落ち着いてじっくりと見れるという利点もあります!
行列と言えば美術館はお昼過ぎから急激に混みだす傾向があります。
できるだけ早起きしていくと、じっくりと楽しめたりします!

いつもとは違った目線で!

いかがでしたか?
「なんかよく分かんないけどすごい」と言った素人目線だけでなく、少し視点を変えるだけでぐっと違った楽しみ方で作品と向きあえると思います。
心ゆくまで楽しんでリフレッシュできるといいですね。