目次

  1. アクセルワールドとは
  2. 主な登場人物
  3. 何故、二期はないの?
  4. アクセルワールド PV
  5. 最後に

アクセルワールドとは

Nh9dbrguka8

2046年、ニューロリンカーというウェアラブルコンピュータを用いることで生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われるようになっても、未だ人が現実社会の軛から逃れられずにいる世界。

東京都杉並区にある私立梅郷中学校に通う少年ハルユキは、小柄かつ肥満体型と内向的な性格から、幼少期の頃よりいじめや嘲りの対象となり、辛い日々を送っていた。いじめは中学に入学してからも収まらず、ハルユキはままならない現実を呪いながら学内ローカルネットの片隅に設置されているスカッシュゲームのスコアを伸ばすだけの日々を送っていた。そんなある日、ハルユキは副生徒会長を務め周囲から羨望の眼差しを受ける美貌の上級生黒雪姫から謎めいた言葉を告げられる。

「もっと先へ――『加速』したくはないか、少年」

戸惑いながらも黒雪姫の誘いに応じたハルユキは、有線直結通信で謎のアプリケーションソフト「ブレイン・バースト」をインストールされる。それはニューロリンカーの量子接続に作用し、思考を一千倍に加速するという驚くべきアプリケーションだった。

こうして、ブレイン・バーストのプレイヤー「バーストリンカー」になったハルユキは、デュエルアバター「シルバー・クロウ」を操り、もう一つの世界である「加速世界(アクセル・ワールド)」で繰り広げられる戦いに身を投じていく。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

アクセルワールドの主人公・有田春雪の容姿は太っていて、あまり主人公には見えない。
上記の通り、ゲーム趣味でかなりのゲーマーである。
学校では虐められていたこともあった。
ある日、先輩の黒雪姫と出会い、あるソフトをインストールする。
そのソフトの名は「ブレイン・バースト」
そして有田春雪は「加速世界」に…

主な登場人物

有田 春雪(アリタ・ハルユキ) / シルバー・クロウ(Silver Crow)
声 - 梶裕貴
本作の主人公。杉並区にある私立[注 1]梅郷中学に通う。中学1年生→2年生。2033年4月23日生まれ。黒雪姫からは当初は「有田君」だったが打ち解けてからは「ハルユキ君」、幼馴染であるチユリとタクムからは「ハル」と呼ばれている。共働きの両親が育児を省力化するため、幼時からニューロリンカーを装着させられていた。趣味はゲーム全般で、自宅にはあらゆるジャンルのゲームやハードがコレクションされている。FPSを主戦場とする凄腕のゲーマーであり、黒雪姫にその並はずれた反応速度を見込まれバーストリンカーになる。一人称は基本的に「僕」だが、タクムとチユリの前や興奮した時、および「災禍の鎧」の影響下にある際は「オレ」になる。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

黒雪姫(クロユキヒメ) / ブラック・ロータス(Black Lotus)
声 - 三澤紗千香
本作のヒロインにしてもう一人の主人公。「ネガ・ネビュラス」を率いる純色の黒たる黒の王。中学2年生→3年生。2032年9月30日生まれ。梅郷中学の生徒会副会長。その美貌から「黒雪姫(スノー・ブラック)」の二つ名で呼ばれており、生徒達の憧れの的になっている。本名は読者には今のところ明かされていないが、楓子、謡、あきらにはそれぞれ「サッちゃん」「サッちん」「サッチ」と呼ばれており、ハルユキにも1巻ラストできちんと名乗っているため周囲には知られているものと思われる(本人によると、「あだ名と大差ない」とのこと)。第2期のメンバーであるハルユキ、タクム、チユリからはそれぞれ「(黒雪姫)先輩」「マスター」「黒雪先輩」と呼ばれている。なお、加速世界では楓子、あきらからは「ロータス」。謡からは「ローねえ」と呼ばれている。
冷静沈着かつ毅然した性格をしているが、少々せっかちで気が短い。また、違法同然のプログラムを組んだりハッキング不可能なはずのニューロリンカーのネームタグ(身分証)の本名欄を偽装するなど、高いハッキング技術を持つ。一方で謡から「隠れドジっ子」と称されるなど、どこか抜けている一面を持っており、第1期ネガ・ネビュラスのメンバーには彼女の孤高の強さに惹かれた者だけでなく、放っておけなさから入った者達も多かったらしい。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

何故、二期はないの?

アメリカ合衆国ロサンゼルスで開催されているAnimeExpo2014内で、SAO、アクセル・ワールドの原作者であるライトノベル作家・川原礫先生、SAOのイラストレーションを担当するのabec先生、そしてアスキー編集者の三木一馬氏のトークセッションが行われました。


トークセッションの中で川原先生は『アクセル・ワールド』のTVアニメ2期の放送予定について、

「アクセル・ワールドのTVアニメ2期は私自身も常々実現してほしいと思っているが、制作を担当する「サンライズ第八スタジオのスケジュールが”ラブライブ!”によって当分空かない」

と、サンライズ側のスケジュールとリソースの問題で2期の早期実現が困難な状況であることを明かしました。

注釈:「サンライズ第八スタジオ」とはラブライブ!や境界線上のホライゾンなど、サンライズの中でも美少女コンテンツを中心に扱うセッション

これについて三木氏は、

「我々もアクセル・ワールド2期を熱望しているし、ファンの皆さんも同じ想いであることは届いているので、がんばります」

と、2期制作に向けて強い意欲を持っていることも示しました。

出典: YUSAANI.COM

先日、公開された「ラブライブ The school Idol Movie」の制作で忙しいからだったのか…
これは確かに仕方がないですね…お疲れ様です!
ですが制作を頑張ってくれたおかげで劇場版ラブライブを大成功しましたね。
本当にお疲れ様です!
劇場版ラブライブはもう公開しましたし、アクセルワールド二期はあるかも…?
境界線上のホライゾンの方もありえるかも!
皆さん、楽しみですね。

アクセルワールド PV

最後に

根拠はありませんが今年中にはアクセルワールド二期があるかも…?
もしくは来年になるのでしょうか。
凄く気になりますよね。
アクセルワールド一期が好評だったので二期が待ち遠しいです!
制作さん頑張ってください!
それでは皆さん、ワクワクして待ちましょう!