目次

  1. 『金色のガッシュ!!』概要
  2. 『金色のガッシュ!!』の名言・セリフ
  3. これ以上私の友達を侮辱してみろ!!!
  4. ガッシュ!!! おまえはオレの友達だ!!! 化け物だろーが魔物だろーが関係ねえ! 友達なんだよ!!!
  5. ボーイがついてねえじゃねえか?
  6. 心を持つ人間を力だけで動かせると思わないで!!! あまり人間をなめるんじゃないわよ!!!
  7. 強くなれ!! そうすればクソ野郎どもにくやしい思いをしなくてすむ。
  8. 私の命にかえてもあなたを王にする!!!
  9. 私の後ろには、傷つけてはいけない人がいる。
  10. お前は王にはなれなかった。だが…お前は王をも殴れる男になったぞ。
  11. 強く…生きろ。てめえ自身が強けりゃよ、目の傷なんてなんでもねえ…。 もっと笑えるし、まっすぐ立てるし、ほれる男も出てくらあ…。
  12. 私はいつだってカバさんだった。
  13. さ、もう一ふんばりだぜ…ガッシュ…
  14. お前がパートナーで…オレは幸せだった。

『金色のガッシュ!!』概要

「金色のガッシュ‼」は、雷句誠によって週刊少年サンデーに2001年から2008年まで連載されていた漫画作品。略称は「ガッシュ」「ガッシュベル」。単行本は全33巻で、全323話。
小学館漫画賞受賞、「金色のガッシュベル‼」の名でアニメ化され、数々の映画化、ゲーム化、トレーディングカードゲームやコンピューターゲームなども発売されるなど、屈指の人気を誇る少年漫画。
選ばれた百人の魔物により千年に一度人間界で行われる魔界の王を決める戦いという壮大な世界観、激しい展開に迫力のある戦闘シーンも満載であるにも関わらず、「心」をテーマにしたストーリー、魔物と人間のパートナーの絆、それぞれの魔物自身の成長などが描かれ、読者の心を動かすシーン、名言の数々が魅力の一つとなっている。

『金色のガッシュ!!』の名言・セリフ

これ以上私の友達を侮辱してみろ!!!

50c065eb

清磨の友達を作る、ガッシュはそう宣言し、学校まで清磨に付きまとっていた。
ガッシュはやる気満々で「ヒーローになって人気者になる」作戦を清磨に促すが、それを疎ましく思った清磨は、「よく屋上でヤンキーがカツアゲをしている」という情報を流し、ガッシュを一人で屋上へ向かわせる。ガッシュはカツアゲの現場に遭遇し止めに入るが、後から勇敢に突入してくる手筈だった清磨はなかなか現れない。清磨は様子こそ覗きに来たものの、そんな作戦に従順する気はさらさらなかった。
清磨が助けに来る、と被害者に言葉をかけるガッシュだったが、ヤンキーの金山はそれを笑う。清磨はそんな良い奴じゃない。自分の事しか考えない嫌な奴だ。実際、助けに来るつもりなど清磨にはないし、清磨はその天才っぷりに嫉まれクラス中から嫌われていることも自覚している。そんな金山に、周りの環境に、ガッシュは堪忍袋の緒が切れ力の限り叫んだ。

ガッシュ!!! おまえはオレの友達だ!!! 化け物だろーが魔物だろーが関係ねえ! 友達なんだよ!!!

2

記憶喪失のガッシュは、強敵ブラゴとの会敵によって自分の正体を知る。魔界の王を決める戦いに選ばれ人間界に送られた百人の魔物の一人、それがガッシュだった。
ブラゴは本を寄越せと迫って来るが、攻撃を受け続けてもなお本を守る清麿(本が破壊されると魔物は魔界に強制送還される)。化け物である自分なんかをかばって、このままだと清磨は殺されてしまう。見ていられず清磨の手から本を引き離そうとするガッシュに、しかし清磨は頑なに本を守り続けた。

ボーイがついてねえじゃねえか?

3

ダニーはパートナーのゴルドーから、若造という意味を込めてダニーボーイと呼ばれていた。ダニーはそれが不服で、常に訂正しているものの、それでもゴルドーは呼び方を変えようとしない。
そんなある日、重要文化財である『シェミラ像』を送るゴルドーのボディーガードとして、ガッシュと共に送り届けようとするが、最後の最後で前方のトレーラーの横転し、トレーラーのタンクが車の上に降りかかる。
タンクを一人受け止めゴルドー達を逃がしたダニーは、シェミラ像を守るため、自分の魔本への被害を顧みずガッシュへタンクの破壊を申し出た。
結果、タンクは破壊されシェミラ像は無傷、しかしダニーの本は燃えてしまう。己の仕事を責任もって果たした末に人間界から消えゆくダニーに、ゴルドーは『ダニー』と呼びかけたのだった。

心を持つ人間を力だけで動かせると思わないで!!! あまり人間をなめるんじゃないわよ!!!

%e3%82%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a511%e5%b7%bb089

パートナーのシェリーと特訓をしていた魔物ブラゴ。周りの人間を巻き込んでしまうから場所を変えようと進言するシェリーに、無関係の人間なんかどうなってもいい、従わなければこの人間を殺す、とブラゴはシェリーの執事を締めあげる。
魔物ブラゴからすれば人間など軟弱な存在。そんな軟弱な人間と組まなければいけない戦いのルールに辟易しており、決して対等なパートナーではなく服従させるべき者として見ていた。
しかしそんなブラゴに対し、シェリーは自分の喉に刃物を突き立てる。シェリーが死ねばブラゴにはパートナーがいなくなり、魔界の王を決める戦いにも参加できなくなる。シェリーは自分が死ぬことも覚悟で、執事を締めあげるブラゴに叫んだ。ブラゴを『心』で脅したのだった。

強くなれ!! そうすればクソ野郎どもにくやしい思いをしなくてすむ。

%e3%82%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a511%e5%b7%bb097

人間界に来た当初、人間なんて下等生物は殺そうが何しようが何だっていいと、傍若無人な振る舞いを見せていたブラゴ。そんな彼だったが、ある日トラブルの現場に通りすがり、非力な親子を救出する。
強引に家を破壊しようとしていたタチの悪い地上げ屋を追い払い、その後にブラゴが子供に放ったセリフ。暴力的で力ばかり求めていたブラゴも、人間界で成長していることが窺える。

私の命にかえてもあなたを王にする!!!

%e3%82%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5   17 164 165

シェリーの目的は、魔物ゾフィスに催眠術で強制的にパートナーにされ戦わされている親友ココを救うことだった。その目的はブラゴの協力がなければ果たせない望みだった。
ブラゴの力を借り、何十もの敵を蹴散らし、ついにゾフィスを討つ。心優しいココは、催眠術による無意識とはいえ数々の悪事に加担してきたことに耐えられるはずがななく、ココを救うにはゾフィスの催眠術でさらに「ココの記憶を消してもらう」ことが必要だった。
ゾフィスはボロボロで動けなかったが、記憶の消去を断固拒否する。そんなゾフィスの最後の足掻きを前にどうすることもできないシェリーだったが、そこでブラゴがゾフィスに放った脅迫、説得により、ゾフィスはようやく従う姿勢を見せた。シェリーはまたもやブラゴに助けられることになった。
戦いが終わり、ココの無事を確認したシェリー、何度も助けられたブラゴへの恩返しとして、今後は自分がブラゴの助けになる、ブラゴのために戦うという決意を決める。

私の後ろには、傷つけてはいけない人がいる。

7

ウォンレイは魔物でありながら、パートナーであるリィエンと愛し合っていた。
強大な敵が迫り、しかしおいそれと戦っていられない状況にみんなで逃げるが、壁を下ろして遮断した向こう側にウォンレイだけ一人残る。
壁などいずれ壊されまた追って来られるのだから、誰かが足止めしなければいけない。ウォンレイは到底勝ち目のない上に術も使えない状況で、それでも愛する人を守るため、リィエンたちに背を向け敵を迎え撃つ。