目次

  1. そもそも「バンクス花譜集」ってなに?
  2. 「バンクス花譜集」の何がすごいのか!?
  3. とにかく百聞は一見に如かず

どことなく「キャプテン・クック」という名前を聞いたことがあるという方は多いはず。
なんか太平洋を横断していた人だったような・・・と正直私もそれぐらいしか分かりません!
そんな「キャプテン・クック」とアートには以外な接点がありました。

そもそも「バンクス花譜集」ってなに?

『バンクス花譜集』は、ジョゼフ・バンクス(1743-1820)がジェームズ・クック(1728-79)の第一回太平洋航海に同行して収集した植物標本と、現地で画家に描かせたドローイングをもとに制作された全743枚からなる豪華植物図譜である。

出典: WWW.BUNKAMURA.CO.JP

ふむふむなるほど。
植物標本なんですね。
って・・・超つまんなそーw!!
わざわざ植物標本の為に出かけませんよ・・・出不精の私はそんなことを思いながら、友人に頂いた招待券を握りしめてbunkamuraへ向かっていました。
*「キャプテン・クックとバンクス花譜集」は巡回展なので去年からbunkamuraで展示されていました。

Tik

*ヤフオクから画像を拝借してます

2014/12/23(火・祝)-2015/3/1(日)*1/1(木・祝)、1/26(月)休館
※会期終了

出典: WWW.BUNKAMURA.CO.JP

平日の夕方に行ったにも関わらずすごい人だかりでした・・・
人だかり、いわゆる「渋滞」ですね。
なぜ美術館で「渋滞」が起きるのかと言いますと・・・
1つの作品を鑑賞する時間が長いからなんです!!

まあ当たり前のことでしたねw
とにかくここで私が言いたいのは思わずじっくりと鑑賞したくなるぐらいのスゴい作品が顔を揃えていた、ということですよ!

「バンクス花譜集」の何がすごいのか!?

何がすごいかと言いますと・・・

とにかく細かい・きれい・人のなせる技とは思えないという点です。

Hana  2

とりあえず画像を貼ってみましたが・・・
凄さが画面からでは全く伝わってこないですね・・w
かたじけないw

作品の技法などに関して書いてしまうと長くなる上に、小難しい説明で眠くなってしまう人もいるのでここでは割愛しますが、
この展覧会で飾られている作品は「面や色の濃淡」で表していると言うよりかは「線で全てを表している」んです。

それ故に全てが細かく、色が綺麗に見えるんですよね。
私の表現では伝わりにくいと思うのでお手元に「お札」を用意していただけるとわかりやすいです。

「お札」では樋口さんやら野口さんやらが全て「線」のみで表現されていると思います。
そうまさにこの感じが「キャプテン・クックとバンクス花譜集展」なのです!!

とにかく百聞は一見に如かず

この凄さは実際に本物を見に行かないと本当に伝わりません。

尾道のきれいな町並みを堪能がてらぜひ尾道市立美術館の展覧会の方にも足を運んで見てはいかがでしょうか。

休館日:月曜日(祝日の場合は開館)

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料:大人/800円、高大生/550円、中学生以下無料

出典: WWW7.CITY.ONOMICHI.HIROSHIMA.JP

余計なお世話ですがbunkamuraの時よりも観覧料が大変オトクでプチプライスになっておりますw

ちなみに私は観光がてらまたこの展覧会を見に行く予定です!
芸術に触れるとなぜか人間としてのランクが上がったように感じてしまいます。

皆様もぜひ美が咲き誇る「キャプテン・クックとバンクス花譜集展」へ足を運んで見てはいかがでしょうか。

%e5%b0%be%e9%81%93

尾道市立美術館