目次

  1. 概要
  2. 活動経歴
  3. メンバー
  4. 清水 依与吏(しみず いより)
  5. 小島 和也(こじま かずや)
  6. 栗原 寿(くりはら ひさし)
  7. アルバム
  8. インディーズ
  9. 逃がした魚
  10. あとのまつり
  11. メジャー
  12. スーパースター
  13. blues
  14. ラブストーリー
  15. シャンデリア
  16. ベスト
  17. アンコール
  18. 代表曲
  19. はなびら
  20. 青い春
  21. 高嶺の花子さん
  22. 繋いだ手から
  23. SISTER
  24. クリスマスソング
  25. ハッピーエンド
  26. 関連リンク
  27. 公式サイト
  28. Twitter
  29. FACEBOOK
  30. YouTube

概要

News header backnumber art20141208

back numberとはボーカルの清水を中心に2004年に群馬県にて結成され、2011年にメジャーデビューしたスリーピースバンド。愛称は「バクナン」。
切ない歌詞の恋愛ソングが多く「センチメンタルロックバンド」とも呼ばれている。
back numberの全ての曲の作詞作曲は清水が手掛けている。女々しく切ない、でもストレートで共感できる歌詞と耳に残りやすいポップなメロディーで10代から20代の女性の間で絶大な支持を受けている。

back numberの魅力は歌詞に描かれている「女心」である。男性であるにもかかわらず、繊細な女性目線から書き上げる歌詞に多くの女性が共感し、涙する人も少なくない。
歌詞のほとんどが、清水の実体験を元にしたものであるが、当時の情景が繊細に刻まれており、たやすく自分を主人公に置き換えて想像できてしまう歌詞もback numberの魅力の一つである。

グループ名のback numberはボーカルの清水が高校時代に付き合っていた女性をバンドマンに取られてしまい、フラれた自分は彼女にとってback number(型遅れ)だからという意味で名づけられた。
ちなみに、この女性に振り向いてほしくてバンドを始めたのがback numberの起源になる。

活動経歴

2004年に結成し、同年11月に初ライブ「伊勢崎DUSTBOWL」にて行う。

2005年にメンバーの入れ替わりがあった。3月に初代ベーシストが脱退し、さらに7月には初代ドラマーが脱退。10月になると当時サポートメンバーであったベーシストの小島が正式に加入している。
同年11月には初めての自主企画「SAMMY COLOR HEA KEAL BEER 2005」を開催し、同時にデモCD「GIFT×LIFE」を発売する。

2006年になると5月に栗原が加入し、同時にギターの斎藤も加入するが、斉藤に関しては2007年の3月に脱退している。

2007年にはFM群馬主催の「ROCKERS2007」で100組以上のバンドの中から準ベストロッカーズ賞を受賞する。
2008年4月にはFM TAROにて冠番組でもある「back numberのpizza small world!!」が放送開始され、2014年3月まで約5年間パーソナリティーを務めた。

2009年2月にはインディーズとしてミニアルバム「逃した魚」をリリースし、さらに翌年6月にはインディーズアルバム「あとのまつり」をリリース。

2011年4月6日にシングル「はなびら」でメジャーデビューを果たす。同年6月22日には2ndシングル「花束」、10月5日には3rdシングル「思い出せなくなるその日まで」、10月26日にはメジャーとして初のアルバム「スーパースター」を発売。

2012年3月7日には4thシングル「恋」、5月30日には5thシングル「日曜日」、7月18日に6thシングル「わたがし」、11月7日に7thシングル「青い春」、11月21日にはインディース時代から通算3枚目となるアルバム「blues」を発売する。

2013年6月26日に8thシングル「高嶺の花子さん」を発売。さらに、9月には初の日本武道館にてワンマンライブ「back number live at 日本武道館 -stay with us-」を開催する。

翌年2014年2月5日には9thシングル「fish」、3月19日には10thシングル「繋いだ手から」、3月26日には4thアルバム「ラブストーリー」をリリース。9月には横浜アリーナにて初のアリーナ公演「love stories tour 2014 ~横浜ラブストーリー2~」を開催する。

2015年1月21日に11thシングル「ヒロイン」を、5月27日には12thシングル「SISTER」、8月12日には13thシングル「手紙」、11月18日には14thシングル「クリスマスソング」、12月9日にはオリコンチャート1位を獲得した5thアルバム「シャンデリア」を発売。

2016年5月25日には15thシングル「僕の名前を」、8月1日には配信限定シングル「黒い猫の歌」、11月16日には16thシングル「ハッピーエンド」、12月28日には初のベストアルバム「アンコール」を発売する。

メンバー

清水 依与吏(しみず いより)

Ph01

1984年7月9日生、群馬県太田市出身、AB型身長は167cm。

ボーカルとギターを担当。
back numberの作詞作曲はすべて清水が手掛けており、back numberの創設者でもある。
インディーズ時代は左官業に携わりつつ、バンド活動をしていた。
グループ名のback numberの根源となっていた彼女の影響でお笑いも勉強していた時代もあり、ラジオ番組ではその軽快なトークも披露している。
影響を受けてきたアーティストはMr.Children、槇原敬之、コブクロなど。

小島 和也(こじま かずや)

Ph03

1984年5月6日生、群馬県伊勢崎市出身、O型、身長は175.6cm。

ベースを担当。
ラーメンが大好きでお城めぐりも好きなのでツアーで地方に行く際は足を延ばしている。しかし、辛いものが苦手でCoCo壱番屋のカレーは甘口しか食べない。
さらに、ひどい花粉症持ちでもあり、日中はほぼマスク姿。
また、メンバー内で唯一Twitterをしている。
影響を受けたアーティストはLUNA SEA。

栗原 寿(くりはら ひさし)

Ph05

1985年7月24日生、群馬県伊勢崎市出身、A型。

ドラムを担当。メンバー内では最年少。
バンドマンになる前は介護福祉士として働いていたが、母親の後押しもありバンド一筋に絞ったという。
非常に涙もろく、「はじめてのおつかい」を見るだけでも泣いてしまい、清水の書く歌詞に感情移入して泣くこともある。

アルバム

インディーズ

逃がした魚

152

2009年2月18日発売のback number1枚目となるミニアルバム。

飾らない言葉でつづった感傷的な世界観と、涙腺を刺激する美しいメロディーで「センチメンタルロック」という言葉がぴったりの一枚。ジャケット裏には「あなたが逃がした魚はこんなに大きくなりました」と書いてある。

収録曲

01.重なり
02.春を歌にして
03.sympathy
04.then
05.海岸通り
06.KNOCK
07.西藤公園

WWW.AMAZON.CO.JP

あとのまつり

61 2bazacdavl. sx355