目次

  1. 概要
  2. 登場人物紹介
  3. 特救ソルブレイン
  4. 西尾大樹/ソルブレイバー(演:中山幸一)
  5. 樋口玲子/ソルジャンヌ(演:森みつえ)
  6. ソルドーザー
  7. 増田純(演:井浦秀智)
  8. 戸田亀吉(演:小野寺充)
  9. 矢沢武(演:河合要)
  10. 相川みどり(演:入江まゆこ)
  11. 正木俊介本部長(演:宮内洋)
  12. 香川竜馬/ファイヤー → ナイトファイヤー(演:山下優)
  13. ソリッドスーツ
  14. ソリッドスーツ・ヘビータイプ
  15. ソリッドスーツ・ライトタイプ
  16. 装備
  17. ソルインジケーター
  18. ケルベロスΔ(デルタ)
  19. ボスワインダー
  20. メディカルパック
  21. ギガストリーマー
  22. パイルトルネード
  23. スーパーマシン
  24. ソリッドステイツ-I(SS-I)
  25. ソルギャロップ
  26. ソルドレッカー
  27. ナイトカスタム
  28. 名作回紹介
  29. 第8話「消えた強化スーツ」
  30. 笹本勝彦/偽ソルブレイバー(演:春田純一)
  31. 第21話「帰ってきたWSP(part-Ⅰ)」/第22話「非情のファイヤー(part-Ⅱ)」/第23話「竜馬から大樹へ!(part-Ⅲ)」
  32. メサイヤ(演:堀田真三)
  33. 第29話「子供帝国の反乱」
  34. 一条アキラ(演:大西良和)
  35. 第51話「特救・解散指令!」/第52話「特救・爆破命令!」/第53話「また逢う日まで」
  36. 高岡隆一(演:寺杣昌紀(現在はてらそままさき))
  37. 名台詞
  38. 「常にトップに立ち、上からしかものを見れないお前には分かるまい…どんなに小さく弱い命でも自分の力が続く限り、救おうとするソルブレイバーの心と勇気が。」(正木本部長)
  39. 「俺は人間でもない、ロボットでもない、ただの"バケモノ"だ。」(メサイヤ)
  40. 「やめろ…私から、憎しみを奪うな。憎しみが無くなったら、私はどうしたらいいのか…頼む、頼むからもとへ…来るなぁーッ!!」(高岡隆一)
  41. 裏話
  42. 本作の評価
  43. 挑戦的デザインのソルブレイバー

概要

本作は前年度の「特警ウインスペクター」の続編として制作された。前作より正木本部長が引き続き登場したり、中盤にて「ウインスペクター」のメンバーがゲスト出演するなどといった展開が見られ、後半からは、前作主人公であった香川竜馬がセミレギュラーとして再登場した。
設定面では前作の基本的な部分を踏襲しつつ、変身ヒロインの追加や、前作以上にリアリティを追求した装備、メカニック等が描かれた。特撮演出面では、ソルドーザーのクローラー変形時のアニメーションに当時まだ珍しかったCGが導入されている等、意欲的な挑戦が行われた。
一方でドラマ面は、前作以上に刑事ドラマとしてのカラーが強まり、よりハードかつシリアスなストーリーが描かれた。「命だけでなく人の心も救う」というテーマだが、犯人や被害者が死亡したり、止むに止まれず罪を犯した一般人が逮捕されるなど悲劇的な結末を迎えるエピソードも多く、心を救う事の難しさ、現実の非情さを鋭く描写している。特に最終回の展開は、ソルブレインの集大成ともいうべきもので、現在でも語り草となっている。

登場人物紹介

特救ソルブレイン

西尾大樹/ソルブレイバー(演:中山幸一)

Db7272ae

正義感が強く、心優しい主人公。

物語の主人公。ソルブレイン行動隊部の隊長で、警視正の24歳。アメリカへの留学中に FBI で訓練を受けた経歴を持つ。ソリッドスーツ・ヘビータイプをプラスアップしてソルブレイバーとなり、凶悪犯罪者や困難な災害現場に挑む。
頭脳明晰、スポーツ万能、そして強い正義感と優しい心を兼ね備えているが、心無い人間に対しては熱くなる一面もある。一方で非情になりきれず、甘さを見せる場面が度々見られたが、正木本部長からはその性格を高く買われているようである。

樋口玲子/ソルジャンヌ(演:森みつえ)

Imgcc7ebb7fzikbzj

レスキューポリス史上唯一の変身ヒロイン。救護専門要員は、日本のヒーロー史上でも珍しい存在だ。

ソルブレイン行動隊部の隊員で、警視の22歳。通常は刑事として情報収集を行っているが、医師としての技術も備えており、ソリッドスーツ・ライトタイプをプラスアップして災害現場での負傷者の応急処置などに活躍する。優しい性格だが、ピンチに対しても諦めない頑張り屋である。なお、彼女はレスキューポリスシリーズ三部作中で唯一の女性のスーツ装着者である。

ソルドーザー

Img733aff0dzikbzj

武骨な外観に似合わず、人間臭く無邪気な性格が面白い。

Imagesayd5fo1m

変形形態・ドーザークローラー。瓦礫を押しのけ、大火災もたちどころに鎮火してしまう優れたレスキューメカだ。

身長:2.19m
重量:2000kg
走力:1.5 - 2km/h
出力:3800馬力

ソルブレイン行動隊部の隊員にして、警部の階級を持つバリアブル・レスキュードロイド(ロボット)。ソルブレイバーらのソリッドスーツ以上の厚い装甲を持ち、大規模災害での救助活動に活躍する。さらに第12話より、最終プログラムの調整が完了したことで地上走行形態ドーザークローラー(全長:1800mm / 全高:910mm / 全幅:1010mm / 最高走行速度:110km/h)へ変形が行えるようになった。クローラーのドリルとバケットは、ダイヤモンドの5倍の硬度を誇るジルコナイト56製。武骨な外観とは裏腹に人間と変わらない感情を有しており、子供のような無邪気な性格である。また、変形初披露となった第12話では、当初変形に対し拒絶反応を示したが、正木に「変形しても心まで変わるわけではない」と諭された事で変形に自信を持った。

増田純(演:井浦秀智)

Srs77

若さゆえの無鉄砲さ、未熟さを見せることも多いが、等身大の若者的な魅力のあるキャラ。

ソルブレイン行動隊部の隊員で、警部補の22歳。捜査面のサポートを任務としており、ソリッドスーツは与えられていないが、災害発生時には現場に急行し避難民の誘導を行う。正義感に熱い性格だが、少々慌て者な面もある。若者ならではの未熟さが度々垣間見られたが、劇中で成長していった。

戸田亀吉(演:小野寺充)

ソルブレイン技術開発部員で警部の25歳で、「亀さん」の愛称で呼ばれる。明朗な性格のメカニック担当で、ソルドーザーとは大の仲良しでデコボココンビである。本作のコメディーリリーフ的存在。

矢沢武(演:河合要)

ソルブレイン母艦部のキャプテンで、警視正の27歳。警察学校時代は大樹の先輩であり、彼とは兄弟のような間柄である。SS-I オペレーターチームを率い、ソルブレインの母艦ソリッドステイツ-Iの操縦を担当する。

相川みどり(演:入江まゆこ)

ソルブレイン情報担当官で警視。スーパーコンピューター・クロス8000を使った情報収集の連絡を主な任務とする。初期のみの登場であった。

正木俊介本部長(演:宮内洋)